第326話 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)

2018年9月28日からは七十二候の第四十七候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」です。

「虫たちが土の中に入ってその穴をふさぐ」という意味なのだとか。

ようやく秋の気配が感じられるようになったばかりですが、虫たちはもう冬を越す準備をはじめるのですね。

彼岸花にとまるアゲハチョウ(キアゲハ) 岐阜
アゲハチョウ・・・幼虫からさなぎになって寒さを経験します。

ハコベとてんとう虫 マクロレンズで撮影
テントウムシ・・・成虫のまま、石の下や木の根元など風雨を避けられる場所で春を待ちます。

ヤロウとカマキリ ミラーレス一眼で撮影 岐阜
カマキリ・・・草の茎や木の枝に産み付けられた卵で越冬します。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

8月のある日、近所でかわいい子ツバメに出会いました。 まだ自分で採餌できないようで、親鳥から餌をもらっています。 親鳥は...