第312話 繭をつくる蝶~ウスバシロチョウ~

ウスバシロチョウ ネオ一眼で撮影
透けるような白い翅をもつ、ウスバシロチョウ(薄羽白蝶)に出会いました。

名前に「シロチョウ」とついていますが、シロチョウではなくアゲハチョウの仲間で、ウスバアゲハとも呼ばれるのだとか。

とてもアゲハチョウとは思えない外見ですね。

もうひとつ意外だったのは、繭をつくるチョウだということ。

枯れ葉や石の下で、うすい繭をつくってさなぎになるそうです。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

ある春の休日、公園でキキョウソウ(桔梗草)を見つけました。 キキョウに似た青紫色のかわいらしい花ですが、直径1.5~2cmくらいで...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...