この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

第357話 チョウトンボの撮影に一苦労

チョウトンボ ネオ一眼で撮影

メタリックに輝く翅をもつチョウトンボ(蝶蜻蛉)は、いつか会いたいと思っていたトンボのひとつでした。

しばしば宝石に例えられ、このように美しい昆虫をテーマにした本でよく紹介されています。

原色図鑑 世界の美しすぎる昆虫

この本では表紙にも登場していますね。

 

念願かなってやっと会えたチョウトンボですが、写真はなかなか撮らせてもらえませんでした。

はじめて出会った日はあいにくのくもり空で、かぶっている帽子が飛ばされるほどの強風。

一匹のチョウトンボが目の前を何度も通過していくものの、風に流されてあっという間に遠くへ行ってしまいます。

シャッターチャンスがくるのを待っていましたが、風はやまず、晴れてくる気配もありません。

もしトンボが止まってくれたとしても、光が当たらないと翅の輝きが撮れないので、この日は仕方なく撮影を諦めることに。

 

二度目は晴天でチョウトンボの数も多いという絶好のチャンスに恵まれました。

ところが、たくさんいるぶん縄張り争いが激しく、やっと止まってくれたと思ったらすぐにほかのトンボがやってきて追い払ってしまいます。

しばらく粘ってなんとか止まっている姿をカメラにおさめることができました。

チョウトンボ 超望遠で撮影

一枚目と二枚目の写真で翅の色が違っているのは、光が当たる角度によって翅の色が微妙に変化するためです。なぜか枯草にばかり止まるのが残念(^^;)。

縄張りを守るトンボも大変だと思いますが、炎天下の撮影でこちらもクタクタになってしまいました。

 

 

今回の撮影に使用したカメラ

 

 

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

第356話 蓮のつぼみにとまるウチワヤンマ
7月のある日、蓮の群生地の近くを通りかかりました。 残念ながら蓮の花はあまり咲いておらず、同じようにカメラを持って訪れた人たちは次々と引き上げていきます。 私もあきらめて帰ろうとしたところ、蓮のつぼみにちょうどトンボがとまってくれま...