この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

【構図のアイデア】点景(添景)について知ってみよう

点景(添景)のサンプル画像

写真を撮る際に、被写体と背景のバランスは悩みどころです。

そこで今回は、「点景(てんけい)」という考え方についてお届けします。点景を知っておくと、いろいろな場面で役立ちますので、ぜひ活用してみてください。

点景(添景)とは

点景(添景)とは 広い背景の中にワンポイントで入るもの

風景などの「広い背景」に、人・生き物・物などのワンポイントを入れると、画面全体がグッと引き締まってみえたり、画面全体が面白い雰囲気になったりすることがあります。

上の写真でいえば、鳥がいなければ特にこれといったポイントのない「広い草むら」ですが、ワンポイントで鳥が入っていることによって、画面全体に面白みが出ています。

こうしたワンポイントのことを「点景(てんけい)」と呼びます。同じ読み方で「添景」と書く場合もあります。

点景の考え方を知っておくと、いろいろな場面で役立ちます。

風景に物語が生まれます

点景(添景)のサンプル画像 シルエット

写真は「余計なもの」を入れないほうが、画面がきれいにまとまり、わかりやすいものになります。・・・…が、シーンによっては、その方法で撮ると「何か物足りない画面」になってしまうことがあります。

そうした場面で便利なのが「点景」の考え方です。画面の中に人や物などのワンポイントを入れるだけで、全体の雰囲気がガラッと変わることがあります。

入れるものが人・生き物・物であれば、そこに物語が生まれます。全体が生き生きとしたり、「想像の余地」がある面白い写真になったりと、いろいろな効果が期待できます。

シンプルなシーンにアクセントがつきます

点景(添景)で画面にアクセント 風景をバックに点景で人を入れた写真

点景は、シンプルなシーンにアクセントをつける効果も期待できます。

空間が広いシーンでも、点景が入るだけで空間の印象が大きく変わります。点景のユニークなのは、存在感があるところ。サブの被写体でありながら、画面全体を引き立てる司令塔のような存在でもあります。

「点」であるべきか

点景(添景)の考え方 サイズについて

「点景」は、漢字からして「点のようなサイズ」「小さく入れるもの」という印象を受けます。そのため、つい「豆粒ぐらいのサイズで入れなくては」と考えてしまいますが、サイズにこだわる必要はありません

大切なのは、風景などの「広い背景」にワンポイントを入れる

  • 画面全体が引き締まって見える
  • 画面全体が面白みのある雰囲気になる
  • シンプルなシーンにアクセントをつける

といった「効果」や「考え方」です。

それを抑えていれば、点の大小は特に問題ではありません。

まとめ

点景の考え方を知っておくと、いろいろな場面で役立ちます。特に「画面が何か物足りない」と感じた時は、点景の考え方を生かすチャンスです。

つい「『点』というぐらいだから、すごく小さく入れないといけない」という気がしてしまう方は、「ワンポイント」と置き換えると、サイズをあまり気にせずに撮れるようになります。よかったら参考にしてみてくださいね。