第298話 色とりどりの椿

ツバキ 単焦点レンズで撮影
公園に色とりどりのツバキ(椿)が咲いていました。
現在、ツバキの園芸品種は世界で5000種にのぼるといわれています。

ツバキ マイクロフォーサーズで撮影
椿がなぜ「ツバキ」と呼ばれるようになったかについては、

  • 葉が厚いことから「厚葉木」が転訛した
  • 葉に光沢があることから「津葉木」となった

などの説があります。

ツバキ ミラーレス一眼で撮影
学名は「カメリア・ジャポニカ」。
18世紀にこの花をヨーロッパに紹介した宣教師・カメルにちなんでつけられたそうです。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

アセビ(馬酔木)が、小さなベルのような花をたわわに咲かせていました。 今回はピンク色のアセビを撮影しましたが、白い花のほうがおなじみ...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...