第306話 何に見える?キンギョソウ

キンギョソウ 単焦点レンズで撮影
キンギョソウ(金魚草)は、花のかたちが金魚に似ていることが名前の由来です。

日本では金魚ですが、ほかの国の呼び名を調べたところ、様々なものに見立てられていることがわかりました。

  • 英語・・・竜の口
  • ドイツ語・・・獅子の口
  • フランス語・・・子牛の鼻

ちなみに学名は「鼻のような」という意味になっています。

そういわれてみれば、どれもあてはまるような気がしてくるから不思議です。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

道端でカキドオシ(垣通し)が咲いているのをよく見かけます。 上の写真の草は私の足首くらいの高さでしたが、花が終わると茎がつる状にな...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...