2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

毛を刈ったアルパカ

アルパカは「もこもこしていてかわいい」したイメージがありますが、シーズンによっては毛を刈られています

先日みたアルパカは、こんなふうに刈られていました。

P1920322出てきた時はびっくりしました!

首巻きのようになっているところが、もともとの毛の部分だと思われます。それ以外は短く刈られている、というわけですね。

毛を刈ったアルパカ

さて、毛を刈られたアルパカですが、全身はこんな感じになっています。

P1920314なんだか着ぐるみの中身みたいな感じですが、一部分だけを残して毛を刈られています。

アルパカの毛は刈らないとどんどんと伸び続けるのだそうで、時期がきたらこうして刈るというわけですね。

アルパカの流し目

しばらくアルパカをみていると、こんな感じで草をたべはじめました。

こっちを見ながら食べています(笑)。

このカットだけみると、わたしたちが知っているアルパカという感じがしますね。

ちなみに食べている草は、かなり短いもの。顔を押しつけるようにして食べています。

アルパカは、上あごの前歯がないそうで、かわりに硬い皮膚のだそう。その皮膚と下の歯で草を食べるんですって。

立ち上がるアルパカ

しばらくみていると、アルパカのこんな姿をみることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAアルパカが直立しているみたい!ファンタジー映画なんかに出てきそう。

体のいろいろな部分が重なって、こんなふうに見えたのですが、本当に二本足でたっているようにみえますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAクールな表情もいい感じです。

まとめ

今回は、毛を刈ったアルパカでした。もこもこなアルパカもいいですが、こんなアルパカも味があっていいですね。

 

タテ構図で撮ってみよう。
カメラを縦にして撮ると、たのしみが広がります。デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼の初心者さんはタテ構図で撮ってみよう。
ヤギを撮る~牧場でヤギを撮った写真をもとに~
今回は、牧場でヤギを撮った写真をもとに「こんなことを考えながら撮っています」ということを書いていきます。いくつかのパターンを挙げながら、撮影日誌風で書いていきます。 牧場のヤギを撮る ヤギのいるゾーンに行くと、ヤギたちが台の上に登ってい...
野生のカメを撮っていて気づいたこと
先日、野生のカメを発見し写真を撮りました。50センチぐらいある巨大なカメです。 かなり接近して撮ることができたのですが、その時に気づいたことをまとめます。 カメはそーっと距離をつめると近づける これはどの動物も同じだと思います...
第65話 梅雨を彩ってくれたアジサイたち
アジサイの写真いろいろ。ふんわりやさしい色合いのものからクローズアップまで。
第64話 怒り顔のアマガエル
梅雨の季節、アマガエルを撮影しました。かわいく撮るつもりが、こんな表情に・・・。
昆虫の撮り方~昆虫をたのしく撮るためのTips~
デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼で昆虫をたのしく撮る方法。チョウチョ、カマキリ、ミツバチ、ハナアブなど。
第7話 はるいろの空と観覧車
はるいろの空と観覧車。へんてこな雲がなんだかふしぎ。 この雲、ここから何かのかたちに変化しそうです。 最近みた映画ですと、ここから何かが出てきたり、 知らないうちにあやしい雲に囲まれていたりして、観覧車が大ピンチになります...