オリンパス「OM-D E-M1 MarkII」がついに登場!新開発の画像エンジン&4K動画がすごい!


オリンパスの新フラッグシップ機「OM-D E-M1 MarkII」が発売されました。

OM-D E-M1 MarkII とは


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディ

OM-D E-M1 MarkII」は、オリンパスのミラーレス一眼のフラッグシップ機です。オリンパスのミラーレス一眼の中で最上級の機種になります。

フラッグシップ機って何?知っておきたいデジタル一眼の基礎知識
フラッグシップ機(フラッグシップモデル)とは フラッグシップは、そのメーカーのカメラの中で象徴的存在の製品、メーカーの技術の総力をつぎ込ん...

前機種E-M1から約3年ぶりの新モデルとなる「OM-D E-M1 MarkII」は様々な面で大幅にパワーアップしています。

新開発の高速画像処理エンジン


OM-D E-M1 MarkII」は、新開発の「20M Live MOSセンサー」と「画像処理エンジン TruePic VIII」、さらには世界最強クラスの「5軸手ぶれ補正機構」が一体となり、ハイクオリティーな画質がたのしめます。

圧倒的な連写性能


OM-D E-M1 MarkII」には、新20M Live MOSセンサーと新画像処理エンジン「TruePic VIII」が搭載されています。

これにより、2037万画素のフル画素をキープしながら、AF/AE追従で最高18コマ/秒の高速連写が可能になりました。

高精度なAF撮影が可能

像面位相差AF/コントラストAFともに121点エリアのDUAL FAST AFを搭載。測距点全てをクロスタイプとすることで、被写体の捕捉性能と追従性能を高めています。

また、コントラストAFと像面位相差AFの併用により、ピント合わせにシビアなシーンでも、精度の高いAF撮影が可能になりました。

世界最強の5軸シンクロ手ぶれ補正

OM-D E-M1 MarkII」のボディーには、あらゆる種類の手ぶれを補正する「5軸手ぶれ補正機構」が搭載されています。

これにより、ボディー内の手ぶれ補正単体でも5.5段分という高い補正性能を実現しています。

レンズ内手ぶれ補正と組み合わせて使用する「5軸シンクロ手ぶれ補正」では、世界最強クラスとなる6.5段の手ぶれ補正性能を実現です。

動画撮影時には専用の電子手ぶれ補正(M-IS)を組み合われば、4K動画の手持ち撮影も可能という凄まじいスペックになっています。

「手ぶれ補正 シャッタースピード○段分」ってなに?
手ぶれ補正の効果を表すのに「手ぶれ補正 シャッタースピード○段分」という言葉があります。 ざっくり言うと、○に入る数字が大きい...

抜群の信頼性


OM-D E-M1 MarkII」は、20万回の耐久性試験をクリアした新開発シャッターを搭載しています。

防塵・防滴仕様に加え、-10℃での動作も保証された耐低温仕様。プロのハードな使用、あらゆるシーンでの撮影に応える抜群の耐久性です。

高感度撮影時の画質が向上

新20M Live MOSセンサーと新画像処理エンジン TruePic VIIIにより、高感度撮影時の画質も非常にクオリティーの高いものになりました。

常用感度(ISO AUTO時)もISO6400と拡大され、高感度でもノイズの少ない画質を実現しました。

今さら聞けないカメラ&写真の用語「ノイズ」ってなに?
今回は「ノイズ」という用語の解説です。 「ノイズ」とは何か? ノイズというと、一般には雑音などの「音」のイメージが強いと思います...

まとめ

満を持しての発表となったオリンパスの新フラッグシップ機「OM-D E-M1 MarkII」。まさに圧倒的なクオリティーです。2016年12月28日に発売の予定です。