ミラーレス一眼で街撮り~おさんぽ写真あれこれ~

看板とかボードとか

ミラーレス一眼で街撮り 作例 看板
アグレッシブな看板だったので、勢いがある感じで撮ってみた。うしろのカゴとの距離感もちょっぴり面白い1枚だ。まちあるきをしながら撮っていると、シーンによって明るさがコロコロと変わることも多い。その時々でカメラの設定を変えていくのもいいが、テンポよく撮りたい時は、ISO感度をオートにするのも1つの手だ。

ISO感度はオート&上限設定が便利です。オススメ!
今のデジタル一眼レフ、ミラーレス一眼は、ISO感度をオートに設定できます。ワタクシも基本は手動なのですが、ISO感度オートを使うこと...

ミラーレス一眼でスナップ写真 看板
街撮りの面白さの1つに「看板」がある。その街や場所の空気が出やすいように思う。これはずいぶんと図形的だ。今は、人物が写るようなスナップ写真は撮りにくい時代だが、こうした看板をスナップ写真の感覚で撮るのもアリだと思う。そうして考えると、軽くて機動性抜群のミラーレス一眼は最適だ。

ミラーレス一眼で街撮り 看板の作例 池
これは池の看板だがなかなかシュールだ。子どもはすでに地面から離れているし、柵の左側は池に突き刺さっているのもあるし、何よりもカモが大変に大きい。だまし絵のような不思議な遠近感もポイントだ。看板を撮る場合、何をどこまで画面に入れるかは考えどころだ。

道を歩く

ミラーレス一眼でおさんぽ写真 アスファルトの道路
道路も好きなモチーフだ。立ち止まってじっくり見てみると、アスファルトにもそれぞれの表情がある。アングルによって見え方が変わってくるのも面白いところだ。低い位置で撮る時はバリアングル式やチルト式といった可動式モニターが便利だ。

バリアングルとかチルトって何?知っておきたいデジタル一眼レフ&ミラーレス一眼の基礎知識
今のデジタル一眼レフやミラーレス一眼は、うしろの液晶が動くものが多いですよね。 バリアングルやチルトというのは、その「動き方(動く方式...

ミラーレス一眼でおさんぽ写真 横断歩道のボタンを撮る フィルム風
ボタンのくすんだ感じが面白かったので、コントラストを押さえ、少し懐かしい写真風に撮ってみた1枚だ。デジタル一眼は、何気ないものでも「どう撮るか」を考えると、工夫のしどころが多い。アートフィルターなどを使わずに自分で色調整をするのも醍醐味だ。

ミラーレス一眼でスナップ写真 車
まちあるきをしながら撮るときは、画像の比率を変えながら撮ることも多い。ふだんよく使う4:3や3:2以外で撮ってみるのもまた違った面白さがある。

並ぶ

ミラーレス一眼 単焦点レンズで街撮り
並んでいる様子が面白かったので撮ってみた1枚だ。ロボットやアンドロイドのようなイメージで見てみると、会話しているよう見えたり、手があるように見えてくる。ここでは形の面白さに着目してモノクロで撮ってみた。カラーだと煩雑になってしまいがちな部分も、いい感じのアクセントになった。

まとめ

今回は「ミラーレス一眼とまちあるき~おさんぽ写真いろいろ~」に次ぐ、まちあるきシリーズの第2弾だ。まちをうろうろと歩きながら、スナップ写真的な感覚で撮っていくのはたのしいものだ。前回に引き続き、今回も色合いをその場その場で変えながら撮ってみた。まちあるきは一度通った道も引き返してみると、また違った感じでみえて面白い。オススメだ。

ミラーレス一眼とまちあるき~おさんぽ写真いろいろ~
郵便ポスト 街歩きをしていて、こういう形のポストに出会うと嬉しくなってしまう。四角いポストもいいのだが、このタイプはなんだか顔っぽいという...