2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

今、この時点で感じたことが本当に正解なのか

前回の記事では「無理に答えを出す必要はない」と題して、写真の見方についての考察をお届けしました。

無理に答えを出す必要はない
カメラを使い始めてしばらくすると、「自分も『写真を撮る側(プレイヤー)』になったんだなあ」と実感することがあります。 それがもっとも顕著になるのは、ほかの人が撮った写真をみるときでしょう。 単純な感想を持つだけでなく、プレイヤー側の...

今回はその続きです。

今、この時点で感じたことが本当に正解なのか

前回の記事では冒頭で

  • 写真の知識や経験が増えてくると、初心者の頃とは「写真の見方」が変わってくる

というお話をしました。

具体的には、「知識や経験が増えた分、目がいくポイントが増える」ことをその理由の1つとしてピックアップしました。

――が、そうなった際に、まったくの初心者のころに感動した写真をあらためてみてみると、「あれ、こんなものだっけ?」と、いまいちな印象を受けることがあります。

写真自体は同じなのに

  • まったくの初心者の頃→「この写真はいい!」「すごい!」
  • 知識や経験が増え始めた今→「あれ、この写真、今見るといまいちにみえるぞ」

といったように、感じ方が変化するケースですね。

こうした現象に遭遇すると、多くの人はその原因として「自分の成長」があることを考えます。

つまり、自分の成長に伴って、写真の見方も変わってきた――というわけですね。

すると、最初の頃よりも知識や経験が増えた上での「写真の見方」ですから、これが正解のようにも思えます。

……が、ここで注意したいのは、この時点で出せるのはあくまで「今の時点での写真の見方」であって、その写真に対しての答えや結論ではないという点です。

つまり、この先、さらに自分の中の知識や経験が増えていけば

  • その写真の見方がまた変わる可能性がある

ということです。

そう、「まったくの初心者」から「知識や経験が増え始めた」段階でも見方が変わってきているわけですから、さらに知識や経験が増えればどうなるだろう――というわけです。

答えを決める必要はない

今回の例では「知識・経験が増えることによる変化」を主軸に置いてお話をしてきましたが、写真の感じ方はそれ以外にも変わる可能性があります。

たとえば「趣向の変化」。

これは食べ物を例にするとわかりやすいかもしれません。

  • 年代によってハマる食べ物
  • ブーム(世間の空気)に乗せられてハマる食べ物
  • 環境や年齢などによって変わる味付けの好み

1人の同じ人間でも、その時々で「おいしい」と感じるものが変化することがよくあります。

「その時」がこなければ「あの食べ物のどこがいいんだろう?」と感じたり、ハマっていた食べ物があったとしても「その時期」がすぎれば「なんで、あの食べ物にあんなにハマっていたんだろうね?」と感じたりする――。

写真の趣向にもこうした現象に近い感覚があります。

つまり、基本的に「その写真をどう感じるか」は、時期によって二転三転するもの・あるいは二転三転して当たり前のものなんですね。

次回に続きます。