2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

無理に答えを出す必要はない

カメラを使い始めてしばらくすると、「自分も『写真を撮る側(プレイヤー)』になったんだなあ」と実感することがあります。

それがもっとも顕著になるのは、ほかの人が撮った写真をみるときでしょう。

単純な感想を持つだけでなく、プレイヤー側の視点でもその写真をみるようになります。

たとえば

  • なるほど、こういう撮り方(アプローチ)もあるのか
  • この写真はどうやって撮っているんだろう
  • 自分だったらどのように撮るのかなあ
  • どんな機材を使っているのだろう

……などなど、「撮る側としての目」でいろいろなことを考えるようになるのですね。

これは「自分も撮る側になったからこそ」できる写真のたのしみかたといえるでしょう。

……が、ここで気をつけたいことがあります。

それは「評価をする」という考え方です。

「決めつけない」ということ

カメラを使い始めてしばらくすると、自然とカメラや写真についての知識や経験が増えていきます

これはカメラや写真に限らないことですね。どのジャンルでも、その分野と向き合う時間が増えれば増えるほど、自分の中に何らかの知識や経験が上乗せされていきます。

すると当然のことながら、写真の場合でしたら「写真の見方」が変わってきます。

写真を普通にみるだけではなく、

  • 「プレイヤー側の視点」からのアプローチ
  • 「自分が得た知識」を通してのアプローチ

といった要素も加えて鑑賞するようになるわけですね。

このことを単純に考えれば、「1枚の写真をいろいろなアプローチでたのしめる」のでいいことのように思えます。

――が、「そういうことばかりではない」というのが人間のむずかしいところです。

「それらしい理由」の落とし穴

写真の知識や経験が増えてくると、初心者の頃とは「写真の見方」が変わってきます。

すると、

  • 前は「よい」「すごい」と思っていた写真が、いまいちにみえるようになった

といった現象が起こることがあります。

すると「なぜかな?」と考えるようになります。たとえば次のようなことを思うかもしれません。

  • 写真について何も知らないときにみたから、すごい写真にみえたのかな?
  • 自分のスキルがあがったから、いまいちにみえるようになったのかな?
  • 初心者の自分にはインパクトがあったけれど、わかってみれば、そこまでたいした写真ではないのかな?

……などなど、「なぜいまいちにみえるようになったのか」を考えるわけですね。

こうして考えていくと、いくつも「それらしい理由」があがります。

このうちのどれかが正解だ!」とも思えます。

――実はここが非常に重要なポイントです。

人によっては、この時点で「つまり、これはそういう写真だったんだ」と結論づけてしまうかもしれません。

……が、ここで重要なのは大切なことが抜け落ちているという点です。

それは「今、この時点で感じたことが本当に正解なのか」という考え方です。

次回に続きます。