2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

派手さはないものの「これで十分かも」というマウス

前回の記事では、私たちが使ってきたマウスの中からBUFFALOの静音マウスをピックアップしました。

安価なマウスの個体差について
前回の記事では、私たちが使ってきたマウスの中から使いやすかったと感じたものをピックアップしました。 今回はその続きです。 BUFFALOの静音マウス 前回の記事ではBUFFALOの静音マウスをピックアップして、私たちが気に入っ...

今回はその続きです。

マウスの個体差

前回の記事ではBUFFALOの静音マウスの個体差について書きました。

私たちが使ってきた範囲でありますが、個体ごとにクリック感やホイールの操作感にばらつきがあり、個体差がかなりある印象を受けたという話をお届けしました。

ざっくりとした印象ではありますが、ここで「当たりはずれ」の確率はだいたいどのぐらいだったかについて書いてみます。

私たちが買ってきた中で「当たり~そこそこ」と感じた個体は70%ほど

残りが、最初に「う~ん……」あるいは「はずれかな?」と感じた個体ですが、1台をのぞいては、使っているうちに「当たり個体」と同じような使い心地になりました。

残念ながら、1台だけは使い続けても、クリック感やホイール操作の硬さ・ぎこちなさが解消できない個体がありましたが、その1台だけですね。

そのほかのものは、おおよそ期待した期間使い続けることができました。

個体差はあるものの、確率的にはなかなかよいのではないかと思います。

Amazonベーシックマウス

Amazonベーシックのマウスも好んで使っています。1,000円でおつりがくる価格ながら、なかなか使いやすいマウスです。

気に入っているところ

このマウスの気に入っている点は、

  • 安価で購入できる
  • 全体に反応がよく、操作がスムーズ
  • ほどよいクリック感
  • 本体のカーブが手になじみやすく、疲れにくい

といったところです。

いうなれば「特筆すべきところはないけれど、普通に使うならこれで十分」といったタイプのマウスです。

クリックに関しては「重すぎず軽すぎず」といった感じです。

この連載で先述したBUFFALOの静音マウスに比べると、こちらのほうがクリックが重い印象があります。

ただ、BUFFALOの静音マウスのクリック感は(当たり個体であれば)「かなり軽い」部類だと思うので、このマウスのクリック感が重いというわけではありません。

個人的には、長時間使っていても指の負担は感じないので、一般的には「軽い~中ぐらい」のクリック感ではないかと思います。

気になったところ

Amazonベーシックのマウスで気になったところは、よくも悪くも「価格なり」といったところでしょうか。

ボディの表面はマット塗装されているため、見た目は安っぽさがなく、それなりの印象があります。

が、クリックした際の感触や音は、価格なりといいますか、チープ感があります。どちらも操作感に影響はありませんが、高級感はない感じですね。

まとめ

私たちが使用してきたマウスの中で「使いやすかった」と感じたものを紹介してきました。

わたしたちは基本的に有線式のマウスを好んで使っています。通信環境に左右されにくく、安価なものでも、反応に関して特に気にすることなく使えるものが多いからです。

安価なマウスは個体差――いわゆる「当たりはずれ」が出やすい印象がありますが、実際に使いつづけてみて感じたことをお届けしました。よかったら参考にしてみてください。