2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

リモートケーブルを使うとどんなメリットがある?

OLYMPUS リモートケーブル RM-CB2

三脚で撮影するときに便利なアイテムにリモートケーブルがあります。

リモートケーブルは、カメラにつないでシャッター操作をするためのアイテムです。いわば、有線式のリモコンです。

このアイテム、メーカーによって呼び方は様々で

  • リモートコード
  • リモートスイッチ
  • リモートコントローラー
  • シャッターリモコン

などの名称で販売されています。リモートレリーズ(レリーズ)と呼ぶ場合もあります。

現在は「リモートレリーズ(レリーズ)」の名称が広義になっていて、ワイヤレスなどの無線式を含めた名称として使われる場合もあります。

様々な呼び方がされる有線式のリモコンですが、今回の記事では「リモートケーブル」という名称で解説していきます。

リモートケーブルは何のために使うの?

Nikon リモートコード MC-DC2

ブレにつながる要素をなくす

シャッターボタンを手で押すと、カメラ本体が揺れます。これは三脚を使った場合も同じで、少なからず揺れが発生します。

リモートケーブルは、これを防ぐためのアイテムです。カメラ本体に触れずにシャッター操作ができるので、シャッター操作による揺れが起こりにくくなります。

そう、「ブレにつながる大きな要素」をなくすわけですね。ブレのない写真を撮りたいときに重宝するアイテムです。

カメラから離れて撮影ができる

リモートケーブルはカメラから離れて撮影できるのもメリットです。

いったんピントをあわせたら、離れた場所からシャッター操作ができるので

  • 被写体を目視で確認してシャッターを切ることができる
  • 楽な姿勢で撮影ができる
  • 揺れやすい場所でも動かずに撮影ができる

などの利点があります。

リモートケーブルはどんな撮影に便利?

Kenko リモートコード リモート90L キヤノン用 RS-N3対応タイプ コード長90cm 809822

リモートケーブルは「ブレをなくしたい」撮影全般に使えます。三脚とセットで使うのが基本です。通常の撮影のほか、次のような撮影にもよく使われます。

マクロ撮影、クローズアップ撮影

リモートケーブルを使うとどんなメリットがある?クローズアップ撮影やマクロ撮影に便利

マクロ撮影やクローズアップ撮影など「緻密なピント合わせが必要な撮影」をする際に、リモートケーブルがあると便利です。

リモートケーブルを使うと、微妙なブレも起こりにくくなり、より安定した撮影ができます。

バルブ撮影

リモートケーブルは、バルブ撮影にも便利なアイテムです。

バルブ撮影とは「シャッターボタンを押している間はシャッターが開き、シャッターボタンを離すと閉じる」撮影です。花火や星空の撮影によく使われる方法です。

「カメラをいかに揺らさないようにするか」が大きなポイントで、リモートケーブルを使うとより安定感のある撮影ができます。

こちらの記事では、夜景・星空の撮影におすすめの本をピックアップしています。

夕景・夜景・星の撮影におすすめの本を紹介します
デジタル一眼で「キレイな夕焼けを撮りたい」「夜景を撮ってみたい」という方は多いと思います。 が、夕景や夜景はちょっとしたテクニックが必要で、日中と同じように撮ってもなかなかうまくいかなかったりします。 そこで今回は、私たちが実際に読...

シャッタースピードが遅い撮影

リモートケーブルを使うとどんなメリットがある?シャッタースピードが遅くなる場面での撮影に便利

リモートケーブルは、室内や暗所などシャッタースピードが遅くなる場面での撮影にも有効です。この場合も三脚にセットして撮影します。

まとめ

今回は「リモートケーブルを使うとどんなメリットがある?」と題してお届けしました。

リモートケーブルは花火・星空・夜景の撮影に重宝されているアイテムですが、今回の記事で紹介したように通常の撮影にも使えます。便利なアイテムですので、興味のある方はぜひとも。