2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

日の丸構図(中央構図)についての考察

日の丸構図(中央構図)についての考察

今回は「日の丸構図」について考えていきましょう。

日の丸構図とは、画面の中央に被写体を配置した撮り方です。撮りたいものをど真ん中にどーんと配置しちゃうわけですね。中央構図とも呼ばれます。

さて、この日の丸構図、「できるだけ避けるもの」「日の丸構図を卒業することが上達への第一歩」などとよくいわれます。

そうしたこともあり、面白い手法であるのにも関わらず、あまり語られない・評価されない側面があります。

日の丸構図のメリット・デメリットはこちらの記事で解説しています。

日の丸構図について知ってみよう
写真でよく聞く言葉に「構図」があります。 「構図」と聞くと難しそうと感じる方もいるかと思いますが、要は、撮りたいものを「画面内にどのように配置するか」という考え方のことです。 同じものを撮っても、画面のどこに置くかで見た目の印象がず...

というわけで今回は、日の丸構図について、少し踏み込んで考えてみます。

日の丸構図についての考察

日の丸構図(中央構図)についての考察 作例

構図は、自分が見せたいと思ったものを伝えるための手段です。

ですので、「日の丸構図で撮るのがいちばん効果的」と考えて撮るのであれば、何の問題ありません。また、日の丸構図でしか出せない味や効果もあります。

……が、写真を撮る上で

  • 日の丸構図はできるだけ避けるもの
  • 日の丸構図からの卒業が上達への第一歩

という認識は根強く、抵抗を感じる方もいるかと思います。

ですが、ここでちょっと考えてみましょう。

実は「日の丸構図」に限ったことではない

そもそもなぜ「日の丸構図を避けよう」だとか「卒業しよう」といわれるでしょう。写真の入門書を読むと、次のようなことがよく言われています。

  • 写真はただ真ん中で撮るだけじゃないよ。いろいろな構図を知るともっとよくなるよ
  • 真ん中で撮ると、被写体の魅力を存分に伝えられないことがある
  • 何も考えずに真ん中で撮るのを卒業しよう。考えて撮ると、もっとよくなるよ

そう、これはどれも日の丸構図に限ったことではないんですね。

どんな構図であれ、何も考えずに撮るよりも考えて撮ったほうがよくなる。その構図よりももっと魅力が伝わる、いい写真になる構図があるかもしれない。そんな意識で撮ることが大切ということです。

卒業すべきことは何か

日の丸構図を考える

構図には、分割法や対角線構図など、いろいろな構図法があります。中でも古くから伝わってきている構図法はどれも使えるシーンが多く、とても便利です。

が、どれが効果的かは「自分が何を見せたいか」で変わるんですね。

「日の丸構図ではいまいちだった写真が、別の構図にしたら見違えるようになった」これは写真をはじめたころに、多くの方が経験したことだと思います。

ですが実は「別の構図だとパンチがなかったけれど、日の丸構図にしたらグッと力が出た」ということもよくあります。

そう、卒業するのは「何も考えずに日の丸構図で撮ること」であって、「日の丸構図」という構図法を捨てる必要はないんですね。

日の丸構図は、表現の引き出しの1つとして持っていて損のない方法です。

日の丸構図以外でも撮っておく

「日の丸構図で撮っていると『何もわかっていない人』って思われそうだし……」という心配をしている方もいるかと思います。写真を人に見せる機会のある方はなおさらですね。

その場合は、日の丸構図以外の写真を多めに撮り、たまに日の丸構図の写真を入れるのがおすすめです。そうすると、「あえて日の丸構図で撮ったんだ」という意図が伝わりやすくなります。

また、ほかの構図を多くすることで、たまに入っている日の丸構図の写真が際立ってみえます。撮った写真全体で演出をする、ということですね。

日の丸構図のようで違うかもしれない構図

日の丸構図のようで違うかもしれない構図

「日の丸構図はタブー」ということにこだわらないようになると、面白い写真が撮れることがあります。上の写真は、日の丸構図のようで違うかもしれない写真です。

ねこの顔だけをみると画面の中心近辺にあり、ほぼ日の丸構図というポジションです。が、体も含めて「ねこ全体」でみるとウエートとしては左が重い構図になっています。

しかし、右側の差し込む光が目立っていることで、左側の重みを解消しています。実はこの光、ちょうど分割法のいいポイントに入っています。

「日の丸構図でもOK」と考えると、このような面白い合わせ技もできたりします。

まとめ

今回は「日の丸構図についての考察」と題して、日の丸構図の考え方をお届けしました。

構図は「被写体を最も魅力的にみせるための手段」「自分が感動したことを伝わりやすくする手段」の1つです。ですので、「被写体をど真ん中に置くのが最も効果的」と考えたのであれば、それは間違いではないということですね。

構図に迷ったときは、思い切って日の丸構図にしてみると、気になっていたことが解消することがあります。日の丸構図は手段の1つとして持っていて損のない方法ですよ。