2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

FUJIFILMの超ロングセラー「レンズクリーニングペーパー&リキッド」について知ってみよう

【セット買い】FUJIFILM レンズクリーニングリキッド 30CC LENS CLEANING LIQUID 30CC & レンズクリーニングペーパー LENS CLEANING PAPER 50

カメラのレンズを掃除するアイテムには様々なものがあります。

今回はその中から、FUJIFILMの超ロングセラー商品「レンズクリーニングペーパー」と「レンズクリーニングリキッド」を紹介します。

フィルムカメラ全盛の頃からの人気商品で、非常に評価の高いアイテムです。

どんなアイテム?

FUJIFILMの「レンズクリーニングリキッド」と「レンズクリーニングペーパー」は、レンズの表面を掃除するためのアイテムです。

レンズクリーニングペーパーに少量のレンズクリーニングリキッドを染み込ませて使います。

FUJIFILM レンズクリーニングペーパー

レンズクリーニングペーパーは、薄くて軽い紙(薄葉紙)でできています。表面に特殊加工がされており、レンズ掃除をする際に

  • 拭き跡(拭きムラ)が残りにくい
  • 繊維くずなどが出にくい

ようになっています。

「HAKUBA クリーニングティッシュ」などのように、最初からウェット状態になっておらず、レンズクリーニング用の液を染み込ませて使います

クリーニング液は専用の「FUJIFILM レンズクリーニングリキッド」を使うと安心です。

FUJIFILM レンズクリーニングリキッド

FUJIFILM レンズクリーニングリキッドは、「光学ガラス用清浄液」に分類されるクリーニング液です。カメラのレンズのほか、フィルターや眼鏡の掃除にもむいています。

指紋など皮脂の汚れにも強く、定評のあるクリーニング液です。

上で紹介したクリーニングペーパーと組み合わせて使うのが鉄板で、セットで購入すると便利です。

どうやって使う?

レンズを拭き掃除する際は、「ホコリを巻き込まないこと」に気をつけます。屋外では砂埃を巻き込む恐れがあるので、できるだけ屋内で行うほうが安心です。

まずはレンズのホコリを除去

「レンズクリーニングリキッド」と「レンズクリーニングペーパー」は、レンズを拭き掃除するアイテムなので、まずレンズ表面のホコリを除去します。

拭くときにホコリを巻き込んで、レンズを傷つけないためです。

ホコリの除去はブロアーを使うと便利です。

ぜひ持っておきたいアイテム「ブロアー」
初心者さんがぜひ持っておきたいアイテムに「ブロアー」があります。 ブロアーはボディを押すと空気が出るしくみで、しゅぽしゅぽしてホコリやゴミを飛ばします。 カメラやレンズを傷つけることなく、ホコリやゴミを除去できますので、...

ペーパーにリキッドを染み込ませて拭く

レンズ表面のホコリを除去できたら、レンズクリーニングペーパーに少量のリキッドを染み込ませて拭きます

レンズの中心から円を描くように拭くと、拭きムラが出にくく、キレイに仕上がりやすくなります。拭くときは、特に力を入れる必要はありません。優しく拭くようにすればOKです。

必要に応じて仕上げ

上までの段階でキレイになっていればOKです。

あとはレンズの状況をみて気になる点(拭きムラ・拭き跡など)があれば、必要に応じて仕上げをします。

  • レンズクリーニングペーパーで乾拭きする
  • またはレンズペンで仕上げをする

レンズペンは、HAKUBAのものが定評があります。

今回の記事で紹介したアイテム

今回の記事で紹介したアイテムは次の通りです。

【FUJIFILM レンズクリーニングペーパー(単品)】

【FUJIFILM レンズクリーニングリキッド(単品)】

【レンズクリーニングペーパーとリキッドのセット】

【レンズペン】

いずれも定評のあるメーカーの商品ですので、無名のメーカーのものは心配・・・という方にもおすすめです。