第268話 かわいい冬鳥「ジョウビタキ」

季節は冬になり、あちこちで冬鳥の姿がみられるようになりました。

この日は、カラフルなお腹がかわいらしい「ジョウビタキ」をみつけました。

ジョウビタキ オスジョウビタキは、全長14~15cmほどの冬鳥です。この大きさはちょうどすずめと同じぐらい。かわいらしいサイズの鳥です。

※鳥の全長はくちばしの先から尾の先のことをいいます。

ジョウビタキ

ジョウビタキは、お腹がオレンジ色をしており、頭はグレー、顔と羽根に黒い部分があります。翼の一部に白いところがあるのもポイントです。

よく動き、木にとまってもすぐに移動してしまうことの多いジョウビタキですが、この日は、かなり近くまで接近することができました。

ジョウビタキ オス翼についている白いところは「紋付」などと呼ばれています。頭のグレー部分とは明らかに色が違っており、真っ白になっています。

うしろからみるとこんな感じになっています。

ジョウビタキ 翼の白いところ 紋付まさに「紋付」といった雰囲気ですね。尾の色も、黒とオレンジの組み合わせが大変にカラフルです。

こうしてうしろからみると、グレーの部分と黒の部分の違いもはっきりとわかりますね。紋付は本当に真っ白な色をしています。

ちなみに、このカラフルな色をしているのはオスです。

ジョウビタキのメス

ジョウビタキのメスは、オスのように派手な色をしておらず、おとなしめの色をしています。

こんな感じです。

ジョウビタキ メスそう、オスとはかなり違った色合いをしています。部分ごとの色の違いも少なく、落ち着いた印象があります。

うしろからみるとこんな感じ。

ジョウビタキ メス 後ろ姿 紋付オスと同じように、翼に白い部分があります。色合いは違うものの、羽根の雰囲気もオスと似た印象があります。

こうしてみると、オスと比べて、体全体の色がマイルドな感じなのがわかりますね。

ジョウビタキの鳴き声

ジョウビタキは、文字にすると「ヒッ、ヒッ、ヒッ、カカッ」「カカッ」といった感じで鳴きます。

ジョウビタキは庭先や公園など、人間のいるところにもよく姿をみせますので、鳴き声も注意してきいてみると面白いですよ。

まとめ

今回は、まるくてカラフルでかわいい、ジョウビタキの紹介でした。冬鳥ですが、春ごろまで見ることができます。

春に出会ったジョウビタキの記事はこちら

散歩道でよく出会う一羽の鳥がいました。調べてみるとメスのジョウビタキのようです。 翼にある白い斑が特徴的で「紋付鳥」とも呼ばれます。 ...
先日のメスのジョウビタキに続いて、今度はオスに会うことができました。 寒さに耐えるため、羽毛を膨らませて丸くなっています。かわいい。 ...

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

ある日、オオバンさんを観察していたら・・・ お魚をゲットする場面に出くわしました。 右下に写っている後ろ頭は、ホシハジロさん...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...