第272話 とんがり頭のカシラダカ

冬鳥のカシラダカ(頭高)を見かけるようになりました。
冬のカシラダカ 超望遠で撮影
茂みの中に隠れていることが多く、なかなか写真が撮れなかったのですが、2週間くらい通ってやっとその姿をとらえることができました。

カシラダカの名前の由来

「カシラダカ(頭高)」という名前は、頭頂部の羽(冠羽)が逆立っていることに由来しています。
かと言って、いつも冠羽を立てているわけではありません。
一枚目の写真と同じ鳥なのに、ずいぶん印象が変わる気がします。
冠羽が立っていないカシラダカ ネオ一眼で撮影

ちなみに下の写真はホオジロです。頭のかたちだけを見ているとカシラダカと間違えてしまいそうですね。
ホオジロのメス 淡い色をしている

木の中からおもしろい鳴き声がするので見てみると、ホオジロでした。 ホオジロのさえずりは、人の言葉に置きかえると次のように聞こえるといわ...

カシラダカとホオジロを見分けるには

カシラダカとホオジロの見分け方はいくつかあるようですが、いちばんわかりやすいのはおなかの色だと思います。
正面から見たカシラダカ 超望遠コンデジで撮影
再びカシラダカの写真です。おなかが白いですね。
対して、ホオジロのおなかは茶色です。

この違いを覚えておくと見分けるときに役立ちますよ。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

3月のある日、花が終わって誰もいなくなった梅園を散歩していると「チチッチチッ」という鳴き声がきこえてきました。 ホオジロ(頬白)です。...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...