この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

第363話 秋の深まりを知らせるキンモクセイ

ある秋の日、窓を開けると風に乗ってキンモクセイの香りが運ばれてきました。

この香りでいよいよ本格的に秋がきたのだと実感します。

キンモクセイ(金木犀)の花 ミラーレス一眼で撮影

近くにあったキンモクセイの木を見ると、オレンジ色の小さな花がひしめき合うように咲いていました。

中国ではこの花でお茶やお酒に香りづけをした桂花茶、桂花酒が楽しまれているそうです。

白ワインにキンモクセイの花を漬けて熟成させた桂花陳酒は、楊貴妃が好んで飲んだといわれています。

 

キンモクセイ(金木犀)の花

キンモクセイは漢字で金木犀と書きます。

樹皮が動物のサイ(犀)の皮膚に似ているため「木犀」という字があてられたそうです。

秋を代表する香りのキンモクセイは、春のジンチョウゲ、夏のクチナシとあわせて三大香木と呼ばれています。

 

 

今回の撮影に使用したカメラとレンズ

 

 

 

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

第362話 天上に咲く花のように~彼岸花~
今年も彼岸花が田んぼの畔や土手を赤く染めています。 秋のお彼岸の頃に咲くのでヒガンバナという名前がつけられていますが、暑い日が続いたせいか私が住む地域では9月末に見頃を迎えました。 お寺の境内や墓地によく咲いていることもあり、幽霊花...