JPEGにしたら8ビットになるのに、なぜ12ビットRAWとか14ビットRAWがあるの?

JPEGにしたら8ビットになるのに、なぜ12ビットRAWとか14ビットRAWがあるの? 作例画像12ビットRAWや14ビットRAWなどの「8ビットを越えるデータ」も、JPEGにすると8ビットになります。

となると「どのみち8ビットになるのに、なぜ8ビット以上で記録するのか」という疑問を持つ人もいるかと思います。

8ビットになるのに、なぜ8ビット以上で記録するのか

ビット数が大きいとその分、階調が豊かになります。

前回の記事でお話したように、○ビットの階調は「2を○乗する」と出せます。8ビットなら2の8乗、12ビットなら2の12乗、14ビットなら2の14乗です。

そうして計算すると、次のようになります。

・8ビット:256階調

・12ビット:4096階調

・14ビット:16384階調

このようにビット数が変わると、階調(色の濃さの段階)も大きく変わります。

256階調では得られなかった階調の変化も再現できる、より繊細な調整が可能になる、というわけですね。

最終的には同じ8ビットになっても、最初から8ビットのものとではそのあたりが違うのですね。

まとめ

階調が豊かであるほど、色彩表現が豊かになります。白とび・黒つぶれ・色飽和がしにくくなるほか、微妙な色変化も再現しやすくなります。

色数的には8ビットでも人間の目には十分すぎるぐらいなのですが、階調の差によるところが大きいということですね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きな鳥はカワラヒワ。

\ こちらの記事もおすすめ! /

ふだん私たちがデジタル写真としてみている「JPEG画像」は、8bit(ビット)で形成されています。 ビットはもともとはパソコンの用語で...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...