2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

写真データを移すときは「コピー」→「貼り付け」を使おう

写真データを移すときは「コピー」→「貼り付け」を使おう

「メモリーカードに入った写真データ」をパソコンやハードディスクなどに移すときは、コピーを使うのがおすすめです。

ここでいう「コピー」とは、「データの複製をつくること」。Windowsでは、「コピー」→「貼り付け」で行う操作のことです。

元データを残すという考え方

元データを残す

「メモリーカードに入った写真データ」をパソコンやハードディスクなどに移すときは、主に次の3つの方法が使われます。

  1. ・写真データを切り取り、移動先に貼りつけ
  2. ・写真データをドラッグして、移動先に持っていく
  3. ・写真データをコピーして、移動先に貼りつけ

どれも移動先にデータを移せることは同じです。

が、1または2の方法は「元データをそのまま別の場所に移動させる」ため、作業後はメモリーカード内のデータはなくなってしまいます。

デジタルデータは常に「万が一」を考えて扱おう

デジタルデータは非常にデリケートで、思わぬことで破損してしまったり、トラブルが起こったりする場合があります。

復元が難しいケースも多いので、常に「万が一」を考えて扱うことが大切です。

今回の例でいえば、切り取りやドラッグを使った「元データを直接移動させる方法」は手軽ではありますが、

  • データの移動中にパソコンのトラブルが起こった場合
  • データの移動中に誤った操作をしてしまった場合
  • 移動後のデータが何らかの原因で破損していた場合

を考えると、不安が残る方法になります。

元データ自体を操作しているので、トラブルがあった場合は、元データそのものに被害がいく可能性があるわけですね。元データが消えてしまったり、読み込めなくなってしまうケースも考えられます。

「コピー」なら元データを残したまま作業できます

上で挙げたようなリスクは、「コピー」を使うと避けることができます。

コピー

Windowsでは、元データを右クリックして「コピー」→移動先に「貼り付け」の操作ですね。「コピー」は元データの複製を作る方法です。

この方法を使うと、移動先に「貼り付ける作業をしている間」「貼り付けたあと」も、元のデータは残りますので安心感があります。

また、デジタルデータはコピーでは劣化しませんので、写真データを移すときは、この方法がおすすめです。

「コピー」と「保存」の違い

ちなみに、「データのコピー(「コピー」→「貼り付け」)」と「保存」は処理方法が違います。

JPEGは「保存」するごとに画質が劣化する性質がありますが、これは「保存」する際にデータを圧縮するからなんですね。それで保存すればするほど画質が劣化していくわけです。

が、「コピー」はデジタルデータをそのまま複製する処理なので、圧縮や劣化が起こりません。

パソコンにおける「コピー」と「保存」は別ということですね。

まとめ

今回は「メモリーカードに入った写真データ」をパソコンやハードディスクなどに移すときにおすすめの方法をお届けしました。

デジタルデータを扱うときは「万が一」を考えて、できるだけリスクの少ない方法を取るのがおすすめです。よかったら参考にしてみてください。