第329話 夏の終わりのアマサギ

アマサギ ネオ一眼で撮影
田んぼの中にちょっと変わった色のサギがいました。アマサギです。

アマサギ全身 望遠コンデジで撮影
アマサギは夏鳥として日本に渡ってくる、全長50cmくらいの小さなサギです。
水田や農耕地で昆虫などを捕食しています。
上の写真の鳥もたんぼのまわりをゆっくり歩きながら餌を探しているようでした。

アマサギ ニコンコンデジで撮影
夏は左の鳥のように羽の一部がオレンジがかった黄色に変わりますが、繁殖期が終わるとほぼ全身が白色になります。
こうなってしまうと私にはほかのサギとの見分けがつきません。

アマサギ 超望遠で撮影
よく見ると右の鳥には少し黄色の羽が残っていて、二羽ともアマサギだとわかりました。

撮影時期:8月中旬

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

サンコウチョウ(三光鳥)は、東南アジアなどから日本に渡ってくる夏鳥です。 ある初夏の日、木々のあいだからひょっこり顔を出していると...