2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

感想を分類だけで終わらせない

前回の記事では「その感想はどの時点でのものなのか」と題して、感想のタイミングについてお届けしました。

その感想はどの時点のものなのか
前回の記事では「正解という言葉の解釈」と題して、「正解」という言葉をどうとらえるかについてお届けしました。 今回はその続きです。 解釈のパターンを増やす 写真を撮ること・見ることに慣れてきたときに気をつけたいことがあります。 ...

今回はその続きです。

前回の記事では

前回の記事では、写真(あるいは作品)をパッとみた印象だけで

  • あ~、これはこういうタイプの写真ね。はい、感想は以上。

と、決めつけてしまうようなケースはもったいないというお話をしました。

なぜなら、一見すると、バッサリと切り捨てているように思えますが、よく考えてみると、ただ「分類(タイプ分け・ジャンル分け)をしているだけ」なんですね。

本の表紙だけをみて「はい、これはミステリね。以上」「はい、これはグルメの本ね。感想終わり」と言っているような感覚です。

これって、なんだかまぬけですよね――といったお話をしました。今回はこの続きからです。

分類だけで終わらない

上のような例を挙げると、わかりやすい話でも、ジャンルが変わるとつい同じことをしてしまう場合があります。

写真の場合もそうですね。

撮ること・見ることに慣れてくると、つい「分類(タイプ分け・ジャンル分け)をするだけで終えてしまう」ことがあります。

そうした状態は、言葉を選ばずにいえば「表面的な感想・解釈だけで終えてしまっている状態」ともいえます。

これ、あまりいい状態ではないですよね。

本でいえば、

  • 表紙をみただけで感想・解釈を述べている状態
  • 表紙をみて、その本のジャンルを言い当てて、感想を終えている状態

です。

では、このような状態にならないためにはどうしたらよいのでしょう。

プラスアルファの視点を持つ

おすすめなのは、「~という印象を受けた。が、もしかしたら違うかもしれない」という視点を持ってみることです。

上に挙げた本の例でしたら、表紙をみて「はいはい、最近よくあるタイプの本ね」という感じる本があったとします。

が、ここで話を完結させずに、「~という印象を受けた。が、もしかしたら違うかもしれない」と話を続けるようにするのですね。

つまり、今回の例でしたら

  • 表紙をみて「最近よくあるタイプの本ね」という印象を受けた
  • が、もしかしたら違うかもしれない

といった感じで考えるわけですね。

すると、答えはまだ出ていないわけですから、確認をする必要があります。

そう、中を読んで確かめる必要がでてくるわけですね。

これを繰り返していくと、作品に触れたときにパターン分け(分類分け)をしただけで終えてしまうことが減り、感想や解釈の幅が広がっていくようになります。

次回に続きます。