季節の色と空気のはなし

はれときどきカメラのPVランキング 2018年1月写真を撮っていると、季節ごとで空気の色が違うように感じることがあります。

冬はなんとなく寒い色。すこし冷たい感じの色合いになります。

曇り空も、冬の寒さを感じさせるいい背景になります。

冬は日差しがあっても、どこかさびしい、哀愁が漂う感じがあります。


今は、カメラの設定が多彩になり、くっきりとした写真や見栄えを重視した写真が撮りやすくなりましたが、季節のやわらかい空気感を撮るのもたのしいものです。

季節を感じるものに出会ったら「とりあえず撮っておく」と、季節の色をたのしむことができます。

ツグミ 鳥 画像作品にはなりきらなくとも、季節をすごした大切なあしあとになります。

これから季節は、春へとむかいます。空気の色も少しずつ変わっていきます。

マクロレンズの使い方 ピント合わせ 作例画像

その季節にあった、その季節ならではの空気感をたのしむことも写真のたのしみですよ。

マクロレンズの使い方 クローズアップ撮影 風が止まる瞬間を待つ

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

緑色の頭に黄色いくちばし・・・力モ類の代表といえば、マガモ(真鴨)ではないでしょうか。 白い首輪や、くるんとカールした黒い尾羽もチャー...