2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

コクヨ「ひっつき虫」を使った作例いろいろ

スポンサーリンク

KOKUYOの「ひっつき虫」を使った作例いろいろ

今回は、コクヨの「ひっつき虫」を使った作例を紹介します。こちらの記事とは違った使用例をピックアップしていきます。

「ひっつき虫」は小物や雑貨を固定するのに便利なアイテムです。

実際の撮影をもとに「ひっつき虫」の使い方をみてみよう
今回は、小物や雑貨の撮影に便利な「ひっつき虫」の使い方をお届けします。 「ひっつき虫」は文房具で有名なコクヨが販売しているソフト粘着剤です。被写体を好きな角度で固定するときに便利なアイテムです。 というわけで、実際に「ひっつき虫」を...

必要な量だけちぎって、練りゴム(練り消しゴム)のように練って使います。

ひっつき虫 練ったところ

形を自由に変えられるので、小物や雑貨を様々な角度で固定することができます。

ひっつき虫を使った作例いろいろ

補強的な使い方をする

ひっつき虫を使った作例いろいろ 補強的な使い方

こちらは、あひるのおもちゃをななめに配置したもの。あひる単独でもこの位置をキープできそうでしたが、念のため、ひっつき虫でより安定するようにしたものです。

こうしたケースでは、主に次の2つの使い方が考えられます。

  • あひるの下にひっつき虫を使う
  • あひるの手前にひっつき虫を配置して「滑り止め」にする

シーンによって、いずれかの方法を使い分けると便利です。

ひっつき虫はこのように「より安定感を出すため」といった補強的な使い方もできます。このように補強しておくと撮影中に被写体がずり落ちたり、位置が変わってしまうことなく、安心して撮影ができます。

ひっつき虫はものを痛めにくいのが特長ですが、木材など「吸い込み」があるものに使用するとシミが残る場合があります。汚したり、痛めたりしてはいけない場所・物への使用は控えましょう。

背面の形が不安定なものに使う

ひっつき虫を使った作例いろいろ 裏が不安定なものを安定させる

こちらはガラスの雑貨を撮ったものです。非常にユニークなアイテムですが、ガラスでできているので撮影時は「映り込み」に注意する必要があります。

が、なかなか最適な角度をみつけて、そのまま固定するのは難しいもの。特にこのアイテムは背面が特殊な形状をしており、転がりやすくなっています。

こうしたケースでは、ひっつき虫を使うと便利です。雑貨の背面にひっつき虫をつければ、好きな角度で固定しやすくなります。

パーツの固定に使う

ひっつき虫を使った作例いろいろ パーツの固定に使う

こちらの写真は、ジャンク品で購入した人形を撮ったものです。痛みや汚れはさほどでもありませんでしたが、パーツがやたらとはずれてしまうという難がありました。

特に困ったのが腕のパーツで、はずれやすい上に位置の固定もできないという状態でした。接着剤を使うのも「どうかなあ」と思ったので、パーツをひっつき虫で固定しています。

ひっつき虫なら、固定した後もポーズを変えやすいのでとても便利です。

ホコリや汚れを取るのに使う

ひっつき虫を使った作例いろいろ ホコリや汚れ取りに使う

ひっつき虫は、ちょっとしたホコリやゴミ取りにも使えます。たとえば、この人形は髪の色がダークブラウンということもあり、ホコリがつくとよく目立ちます。

一度きれいにしても屋外で撮影していると、すぐにまたホコリがついてしまったりするんですよね。そんなときは、ブロアーとひっつき虫があると便利です。

ぜひ持っておきたいアイテム「ブロアー」
初心者さんがぜひ持っておきたいアイテムに「ブロアー」があります。 ブロアーはボディを押すと空気が出るしくみで、しゅぽしゅぽしてホコリやゴミを飛ばします。 カメラやレンズを傷つけることなく、ホコリやゴミを除去できますので、...

ブロアーの風で人形についたホコリを飛ばし、それでも取れないものがあるときは、ひっつき虫で軽く触れるとペタッと吸着します。

ひっつき虫はものを痛めにくいので、テープでぺたぺたやるよりもきれいに取れます。

まとめ

今回は「ひっつき虫を使った作例いろいろ」と題して、使用例をお届けしました。持っておくと便利なアイテムですよ。