第303話 一輪だけ咲くリビングストンデージー

リビングストンデージー 単焦点レンズで撮影
公園の花壇を彩っていたリビングストンデージー

重なり合うように咲いた花がカラフルな絨毯のようでとてもきれいでした。

リビングストンデージーってどんな花?

南アフリカ原産の花で、1935年に日本に入ってきたといわれています。

ヨーロッパ人ではじめてアフリカ大陸を横断したスコットランドの探検家、リビングストンにちなんで名づけられたそうです。

直径4センチほどの花は日が当たると開き、くもりの日や夜は閉じてしまいます。

公園を訪れたのは夕方だったので、あいにく大半の花が閉じかけた状態でした。それでも一輪だけ頑張って咲いてくれている花があり、この写真を撮らせてもらうことができました。

Midori

はれときどきカメラの中の人。日々、カメラを持ってまちあるきをしています。最近は塩パンにはまっています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

春先にドウダンツツジが小さな白い花を咲かせていました。 枝分かれしているかたちが「結び灯台」に似ていることから、「灯台」が「ドウダ...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...