三脚撮影に便利!Kenkoのリモートコード「リモート90L」

三脚を使う時に便利なアイテムに、リモートケーブルがあります。

リモートケーブルは、カメラにつないでシャッター操作をするアイテムです。

これを使うと、カメラに触れずにシャッター操作ができるので、カメラに振動を与えることなく撮影することができます。

そう、ブレを防ぐことができるんですね。

リモートケーブルはメーカー純正のほかに、カメラ用品メーカーが出しているものがあります。

今回は、1,000円台で買えるケンコーのリモートケーブル「リモート90L」を紹介します。

リモート90L

「リモート90L」はケンコー・トキナーが出しているリモートケーブルです。

Kenko リモート90L

こうしたカメラメーカーが出している製品は、純正品より安く買えるのがメリットです。

ケーブルの長さは約90cm。カメラ本体のリモコン端子に接続して使います。

接続部分

リモート90L(オリンパス用)の接続端子

リモート90Lは、各メーカーごとのバージョンが出ています。写真は、オリンパス用の接続部分です。この部分は、対応メーカーごとに形が違っています。

外観

シャッターボタン部分

本体はプラスチックでできています。ボタンだけのシンプルなデザインです。

リモート90L 裏

本体の裏にはくぼみがついていて、持ちやすいようになっています。ちなみに、電源はカメラからとりますので電池なしで使えます。

外観全体は価格相応といった感じで、高級感はありません。が、プラスチックだからこその軽さで、ケーブル込みでもとても軽いです。

全体の重さが68gと、持ち歩いていても気にならない重さになっています。

シャッター操作

リモート90Lは、半押し・全押し・スライドの3つの操作ができます。

リモート90Lのシャッター操作

通常はこの状態で、ボタンを半押し・全押しします。

半押しで、カメラのシャッターボタンを半押しするのと同じ動作をします。AFのピント合わせですね。

全押しすると、シャッターが切れます。

リモート90Lのバルブ撮影

スライド操作は、バルブ撮影(長時間露光)に使います。

シャッターボタンを半押しした状態でスライドすると、この画像のようになり、そのままロックされます。

つまり、シャッターを開いた状態をキープできるわけですね。スライドを戻すと解除することができます。

※この機能を有効にするには、カメラの設定を「バルブ撮影モード」にしておく必要があります。

使った感想

外観はおもちゃみたいですが、それさえ気にしなければ、十分に使えるアイテムだと思います。

タイムラグも、カメラのシャッターボタンを押すのと変わらない感覚で操作ができます。

ただ、シャッターボタンの押し込みが深めなので、最初は半押し・全押しの練習をしてから本番にのぞむのがよいと思います。

リモート90L使用

リモートケーブルを使うとリアルタイムでシャッターが切れるのも便利ですね。セルフタイマー2秒では難しい撮影も各段にしやすくなります。

こんなアイテムが1,000円台で買えるとはいい時代になったものですね。

まとめ

今回は、ケンコー・トキナーのリモートケーブル「リモート90L」についてでした。私は三脚を使う時は、必ずセットで持ち歩いています。

安い商品は耐久性が気になるところですが、購入から2年ほど使っていますが、問題なく使えています。

電池なしで使えますし、1つ持っておくと便利ですよ。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

主役を際立たせるのによく使われるのが、背景をシンプルにする方法です。 背景をシンプルにすると次のような利点があります。 背景をシ...
カメラの設定の中で、むずかしいと感じる方が多い項目に「ISO感度」があります。 どう設定していいのか、どんな効果があるのかわかりにくい...