2020年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

「まず調べる」からの脱却

前回は「撮り方のレシピを有効に活用する」と題して、「レシピ通り」から一歩進んだ撮り方をお届けしました。

撮り方のレシピを有効に活用する
写真を撮る際に「考えて撮る」ことはとてもよい勉強になります。 今は「知りたいこと」を知りやすい時代になりました。ネットで調べれば、かなりの確率で「知りたいこと」の答え、あるいはヒントを知ることができます。 写真でいえば、撮り方。 ...

今回はその続きです。

「撮りたい写真」にどう近づけるか

「こんな写真を撮りたい」と思った時に、今はネットを使えば「その撮り方」についてのおおよその情報が手に入ります。

「そのものズバリの方法」あるいは「その撮り方のヒント」になるものなど、有用な情報を得ることができます。

今回の記事では、こうした撮り方の手引きになるものを「撮り方のレシピ」と呼んで話をすすめていきます。

レシピ依存に注意しよう

今は、ネットを使えば様々な「撮り方のレシピ」が手に入ります。

そのレシピ通りにやればちゃんと撮れるので、とてもありがたいものです。

が、気をつけたいのは、レシピ依存

こうしたレシピに頼り続けていると、いつの間にか、次のような状態になっていることがあります。

  • 撮り方を調べないと撮れない
  • 何を撮るときにでも「これで正しいのだろうか」と気になってしまう

そう、道しるべがないと安心して撮れない状態になってしまうのですね。

このような状態になったときは、いったん「レシピを得てから撮る」という方法から離れてみましょう。

「まず調べる」からの脱却

上記のような状態になったときは、撮り方の手順を見直してみます。

レシピ依存になっているときは、撮影前に、おおよそ次のような手順を踏んでいます。

  1. 撮りたい写真がある
  2. その方法を調べる

そう、まず調べているんですね。

なぜ調べるのかといえば、その撮り方を手っ取り早く知りたいからです。「すぐに正解にたどりつきたいから」と言い換えてもいいでしょう。

この方法、一見、効率的に思えますが、実は大きなマイナス面があります。

それは、最初から「自分で考えることを放棄している」という点です。

そう、「自分で考えて撮る」「自分でいろいろためしてみる」という過程をすっ飛ばしているわけですね。

だからレシピ依存になると「まず情報がなくては」となってしまうわけです。

「まず考える」が大切

では、レシピ依存から脱却するにはどうしたらいいでしょう。

それには「まず調べる」からの脱却が必要です。撮りたい写真があったら「まず調べる」ではなく、「まず考える」ことをしてみましょう。

撮りたい写真があったら、まず

  • この写真はどうやったら撮れるのだろう

と、自分の頭で考えてみるのですね。

この際に、紙やノートに書きながら考えると、頭の中が整理しやすくなります。

思いついたことをどんどんと書きながら、アイデアをまとめていきます。そうして挙げたものをためしてみる。

このようにして、自分の頭で考えながらためしていくのですね。

この方法を使うと、正解にたどりつくまでに時間がかかるかもしれません。

が、考えた時間やためした経験は決して無駄になりません。なぜなら、その間(かん)は創作をしているからです。自分の頭で考え、ためし、つくりあげる。

借り物ではない時間と経験がそこにあるのですね。

この感覚に気づくと、「調べること」との住み分けができるようになります。

が、「考える」と「調べる」、このバランスは崩れやすいので注意が必要です。