2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

写真に置きかえて考える

スポンサーリンク

写真に置きかえて考える

前回の記事では「別のものに置きかえて考えてみる」と題して、「心が揺らぐ原因」をアプローチを変えて考えていきました。

別のものに置きかえて考えてみる
前回の記事では「ゆらいでしまう原因」と題して、「情報が多い中にいると、なぜ心が揺らいでしまうのか」についてお届けしました。 今回はその続きです。 前回の記事では 前回の記事では、「なぜ心が揺らぐのか」の原因をピックアップしまし...

今回はその続きです。

前回の記事では

前回の記事では「心が揺らぐ原因」を、食べ物を例にして考えていきました。前回の記事では次のような例を挙げました

食べ物を例にして考える

これから食べるものを決める際に、「食べたいものをズバッと決められる人」と「そうでない人」がいます。

この2人が特に時間の制限はなく、いろいろな食べ物があるゾーンで、お昼に食べるものを探しているとしましょう。そのゾーンにある食べ物は、どれもおいしそうなものばかりです。

すると、2人は次のように考えました。

  • ズバッと決められる人: どれもおいしそうだけど、今日はラーメンを食べたい気分だから、ラーメンにしよう!
  • 決められない人: あれもおいしそうだし、これもおいしそうだし、どれもおいしそうだから迷っちゃうなあ。

そう、同じ状況にいるのに、2人の心の中は大きく違っているのですね。

なぜそうなるのか――。今回はその続きです。

2人の違いはなんだろう

同じ状況にいるはずなのに、なぜ2人の心の中は大きく違っているのでしょう。

そう、2人の違いは、自分の中に「具体的なものがあるかどうか」なんですね。

それは、2人の考え方をみるとよくわかります。

  • どれもおいしそうだけど、今日はラーメンを食べたい気分だからラーメンを食べよう!
  • これもおいしそうだし、あれもおいしそうだし、どれもおいしそうだから迷っちゃうなあ。

「ズバッと決められる人」が、頭の中に具体的なメニューが思い浮かんでいるのに対し、「決められない人」は

  • おいしいものが食べたい(おいしければメニューはなんでもよい)

という感覚なんですね。

つまり、「頭の中に具体的なメニューはない」、「おいしそうなものなら何でもいい」わけですね。

写真に置きかえてみよう

上で挙げた食べ物の例は、写真にもそのまま置きかえられます。

次のように考えてみましょう。

  • ズバッと決められる人:うまくなりたいと思っていて、具体的なメニュー(自分の目指すスタイル)が決まっている人。
  • 決められない人:うまくなりたいと思っているけれど、具体的なメニュー(自分の目指すスタイル)が決まっていない人。

こうした2人が、いろいろな食べ物があるゾーン(情報があふれているゾーン)に行ったとしましょう。

すると、結果はやはり、食べ物を選んだときと同じような状況になることが予想されます。

つまり、「ズバッと決められる人」は、たとえば

  • いろいろな情報があるけれど、今、自分がほしいのはこれだから

といった感じで、情報を取捨選択できるでしょう。

なぜなら、「自分が目指すスタイル」という具体的なメニュー(情報を選ぶ基準)があるからです。

――それに対し、「決められない人」は、具体的に情報を選ぶ基準がないため、「うまくなれそうに思える情報」なら、どれでも魅力的に映ってしまいます。

つまり、目移りしてしまうわけですね。

言い方をかえれば「どれもよくみえる」「どれを選んでもいいように思える」「どれを選んだらいいのかわからない」という状況なわけです。

そう、「なぜ揺らぐのか」の答えがここにあります。次回に続きます。