写真のシャープ(シャープネス)について考えてみよう

昨今は、デジタル一眼やスマホでの撮影が主流になり、写真の考え方もずいぶんとかわってきました。

撮る側にとって、悩ましいのは「写真をどんな感じに仕上げるか」という点だと思います。

カメラの設定やフィルターのかけ方によって、同じものを撮っても、雰囲気がずいぶんと変わります。

そこで今回は、「シャープ(シャープネス)」について考えてみたいと思います。

シャープ(シャープネス)

シャープ(シャープネス)は、「写真をいかにシャープに見せるか」の設定です。

メーカーによって名称や処理方法の違いがありますが、カメラの設定の「シャープ」「シャープネス」「輪郭強調」などといった項目で変えることができます。

では、どんな感じで変わるのかをみてみましょう。

シャープ(シャープネス)の度合いをかえてみる

同じ被写体・構図で、シャープ(シャープネス)を変えて撮ってみます。

「まつ毛」に注目すると、変化の度合いがわかりやすくなります。

まず最初は、設定を変えずにそのまま撮ったものです。

つづいて、シャープネスを少し強めにして撮った写真です。

1枚目に比べると、まつ毛がくっきりした感じになりました。1枚目に比べると、カリッとした印象が出てきました。

ただ、見る環境によっては、少しガサつきを感じるかもしれません。

つづいて、シャープネスをさらに強めて撮ったものです。

先ほどよりも全体にカリッとしました。まつ毛部分をみるとよくわかりますね。

が、みる環境によっては、画像全体にガサつきや、線が強調されすぎて「うるさい感じ」もあるかと思います。

今度は、2枚目(最初にシャープをかけた写真)の設定を少しおさえて撮ってみました。

最初にシャープをかけた写真よりも、ガサつき感が軽減され、まつ毛もそこそこシャープに出ています。

シャープネスの度合いは、見る環境や被写体によって「どのぐらいがベストか」が変わってくるかと思います。

が、基本的にシャープをかけると、画質の劣化やガサつきなど、必ず何らかの影響があります。

特に、線が強く見えやすくなるため、かけすぎると、写真が「カタい印象」に鳴ることも多くあります。

演出意図で考える

シャープを強くかけたいシーンでは、コントラストも強めにして色の差も強くする方法もあります。

線も色も強い「そういう写真です」という撮り方をする方法です。

画質の荒れや、ガサつきも「意図のうち」という雰囲気になるので、破綻が目立ちにくくなります。

常に「やりすぎていないかどうか」を考える必要がありますが、「線だけに頼らない」という方法ですね。

まとめ

シャープネスの度合いはカメラによって違いがあり、デフォルトでも強めにかかる機種もあります。

一般に、スマホやタブレットは写真の破綻を感じにくく、キレイに見えやすい傾向があります。なので、今の時代は、かなり強めに振る方向もアリかと思います。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

今回は、カメラを選ぶ時におすすめする「画質の調べ方」についてです。 ネットで写真をみていると「この機種だとこんなキレイに撮れる...