【カメラ選び】家電量販店のチラシはどう見たらいい?チラシの見方を知ってみよう

【カメラ選び】家電量販店のチラシの見方

家電量販店のチラシでカメラのところをみると、「なんだかいろいろ書いてあるけれど、よくわからない・・・」という方もいるかと思います。

限られたスペースにいろいろ詰め込んでいることもあって、わかりにくいんですよね。

というわけで今回は、家電量販店のチラシによく出てくる表記や見方を紹介します。

~万画素

たいていの場合、どの機種にも画素数が載っています。

画素数

文字だけ、あるいはこのようなアイコンで表記されていたりします。

画素数は多いほうがキレイに写るイメージがありますが、実際はそれ以外の要素も絡んできます

画素数だけでなく、内部のセンサーやエンジンとのバランスが重要なんですね。

ですので、「画素数だけでは画質は決まらない」ということを知っておきましょう。

現在は2,000万画素越えの機種も増えてきましたが、全体のバランスが取れていれば1,000万台の画素数でも十分キレイに写ります。

逆に言えば、最もいい写りになるようにメーカーが「あえてその画素数にしている」ことも多いんですね。

現在はどのメーカーも非常にキレイに写ります。よほどのことがない限り、画素数で選ぶ必要はない時代になってきたともいえます。

コンパクト一眼カメラ

チラシのカメラをみていると「コンパクト一眼」「コンパクト一眼カメラ」と書かれていることがあります。

これは文字通り「小型の一眼」のことですが、ほとんどの場合、「ミラーレス一眼」のことを指しています。

それに対して、デジタル一眼レフのことを「デジタル一眼」「本格一眼」と書くこともあります。

大きさの違いがわかりやすいように書いている、というわけですね。

コンデジは、単に「デジタルカメラ」と書くケースが多いです。

レンズの名前が2つ書いてある場合

レンズが2つ書かれている時は、カメラ本体にレンズが2本ついてくるセットです。

いわゆる「ダブルズームキット」「ダブルレンズキット」などと呼ばれるタイプのものですね。

ほとんどの場合、標準ズームレンズと望遠レンズのセットですが、ボケをたのしめるように「単焦点レンズ」がセットになるケースもあります。

また、型番に「W」「WZ」「WZK」といった表記がある時も、レンズが2本ついてくるセットの可能性が高いです。ダブルズームキットの略ですね。

ただ、ボディの色がホワイトの場合も「W」がつくことがありますので、ほかの表記とあわせて確認する必要があります。

SDXCカード対応

チラシによっては、対応するカードが書かれていることがあります。

SDXCカード対応

文字だけ、あるいはこのような感じのアイコンで書かれている場合ですね。

これは使えるメモリーカードを表しています。

「SDXCカード対応」とある場合、次のメモリーカードが使えます。

  • SDカード(容量が2Gまで)
  • SDHCカード(容量が4~32Gまで)
  • SDXCカード(容量が64G~2TBまで)

大容量のカードも使えるということですね。

対応カードについてもっと知りたい方は、こちらの記事でくわしく解説しています。

カメラをみていると「SDXCカード対応」という表記がされていることがあります。 店頭やチラシではこのように書かれていることもあ...

Wi-fi対応

最近は「Wi-Fi対応」と記載されている機種も増えてきました。

Wi-Fi対応

これは文字通り、カメラ本体がWi-Fiに対応しているかどうかの表記です。

対応している機種は、Wi-Fiを使ってパソコンやスマホ、タブレットなどにデータを贈ることができます。

ただ、送信できるデータはカメラの機種ごとに決まっていて、写真のサイズやデータ形式に制限がある場合もあります。

~円キャッシュバック対象商品

チラシをみていると、時々「~円キャッシュバック対象」という商品があります。

これはたいていの場合、メーカーが行っている「キャッシュバックキャンペーン」を指しています。

対象商品を購入し、化粧箱などについているコードを切り取って応募するタイプが多いです(キャッシュバックされるのはしばらく後になります)。

ですので、買った直後にキャッシュバックではないので注意が必要です。

おしまいに

今回は、家電量販店のチラシでよく使われている表記の解説でした。カメラ選びをしている方がいましたら、よかったら参考にしてみてくださいね。