【メリットいろいろ】予備バッテリーがあるととっても便利!

初心者の方が持っておくといいものに「予備バッテリー」があります。

カメラを買うとバッテリーが1つついてきますが、それの予備を持っておくということですね。

あらたに購入をする必要がありますが、予備のバッテリーを持っておくといろいろなメリットがあります。

予備バッテリーを持っておくメリット

「バッテリー切れで撮れない」を防げます

デジタルカメラは、バッテリーがなくなると写真が撮れなくなってしまいます

メモリーカードでしたら、容量がなくなってもあければ撮ることができますが、バッテリーの場合はそうはいきません。

これは経験している方も多いと思いますが、「バッテリーが切れた時に限って、いいシーンに出会う」ことがあるんですよね。

撮れずに後悔することほどつらいことはありません。予備のバッテリーがあれば、こうした事態を防ぐことができます。

コンディションを気にせずに撮れます

カメラを使っていると「あれ、もうこんなに電池が減ってる」「今日はバッテリーが減るのが妙に早いな」ということがあると思います。

これはデジタルカメラに使われバッテリーの性質から来ています。天候や使用状況などによって「持ち」が大きく変わってくるんですね。

そのため、同じバッテリー残量でもけっこう撮れる時もあれば、あまり撮れない時もあります

予備バッテリーを持っておけば、バッテリーの消費が早いときでも対応がしやすくなります。

バッテリーの劣化を緩やかにできます

バッテリーは消耗品ですので、長く使っていると次第に劣化していきます。

バッテリーが劣化すると持ちが悪くなり、満充電しても撮れる枚数が減ってきます

そこで便利なのが、予備バッテリーです。

予備バッテリーがあれば、メインのバッテリーとローテーションして使うことができます。そう、劣化の度合いを緩やかにすることができるんですね。

予備バッテリーがあるとこうした使い方もできます。

とことん撮りたい時にもおすすめ

たくさん撮れる環境を作っておく

カメラおよび写真は、知識やテクニックも大事ですが、「たくさん撮ること」も重要です。

たくさん撮ることで、いろいろなものに出会い、自分の撮りたいものを知り、自分のカメラを知っていくんですね。これらは実際に撮らないと経験できないことでもあります。

そのためには「たくさん撮れる環境を作っておく」ことが大切です。

十分に容量のあるメモリーカードと予備バッテリーがあれば、とことん撮ることができます。

おしまいに

今回は、予備バッテリーを持っておくことのすすめでした。

デジタルカメラ用のバッテリーは、乾電池と違って割高な印象がありますが、一度買っておけば長く使えます。

よかったら参考にしてみてくださいね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

カメラには、オートフォーカスやマニュアルフォーカスなど、「フォーカス」を使った用語がいくつかあります。 今回は、「フォーカス」という言...