この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

長期間カメラを使わない時はバッテリーを抜いておこう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カメラを長期間使わない時は、バッテリーを抜いておくのが基本です。入れっぱなしにしておくと、使いたい時に思わぬトラブルを招くことがあります。

バッテリーを入れたままで長期保管はダメ

カメラのバッテリーは撮影を行わなくても、少しずつ電力を消費しています。これはスイッチを切っておいても同じで、やはり少しずつ電力を消費しています。

この状態が長期間続くと、バッテリーが完全放電し、そのままにしておくとトラブルにつながる場合があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA カメラのバッテリーは入れっぱなしはNGです

バッテリーの入れっぱなしが招くトラブル

「電池がなくなるだけだったら、また充電すればいいんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、実はそれだけですまない場合があります。

完全放電したあとも入れっぱなしにしておくのは、バッテリーにとっては大変よくないことで、劣化や大きなダメージを与えます。

場合によってはそのままダメになってしまい、使い物にならなくなってしまうこともあります。

長期の保管、バッテリー以外に気をつけること

カメラを長期間保管する場合はバッテリーを抜いておくのが基本です。カメラを数か月使わないような時は、必ずバッテリーを抜いておくようにしましょう。

長期保管の際には、カメラやレンズがカビの被害にあわないように保管方法にも注意が必要です。初心者さんはドライボックスを使った保管が手軽でやりやすいと思います。

HAKUBA ドライボックス NEO レビュー。カメラ&レンズをカビからしっかり守ってくれます。
HAKUBA ドライボックスNEO 5.5Lのレビュー。カメラ・レンズのカビ対策に実際に使ってみての感想と気づいたことをまとめています。収納可能な機種も。

短期間の場合のバッテリーは?

短期の保管ならバッテリーは入れっぱなしでも大丈夫

カメラを頻繁に使う人や短期間の保管でしたら、バッテリーは入れっぱなしでも大丈夫です。要は「完全放電したままで、カメラに入れっぱなしの状態が続く」のがいけないので、それを避けるようにすればOKということです。

カメラのバッテリーは短期なら入れっぱなしでも大丈夫

乾電池式を使う場合はこまめに取り出そう

乾電池式のカメラを使う場合は、短期・長期の保管に関わらずこまめに取り出すのが基本です。乾電池の場合は、入れっぱなしにしておくと液漏れを起こす恐れがありますので、必ずこまめに取り出すようにしましょう。

互換バッテリーは短期でも抜いておく

カメラのバッテリーにはメーカー純正のもの以外に、別メーカーが出している互換バッテリーがあります。互換バッテリーの場合は、短期の保管でも入れっぱなしにしないほうが安心です。

互換バッテリーを入れるのは「撮影時」に限定

互換バッテリーを使う場合は、完全に自己責任となります。

カメラの互換バッテリーってどうなの?
カメラの互換バッテリーと純正バッテリーの違い。互換バッテリーを実際に使ってみてのレビューと上手な選び方。

万が一、互換バッテリーの使用でカメラに不具合が出ても保証はありません。ですので、互換バッテリーを使う際には、できるだけリスクの少ない使い方をする必要があります。

互換バッテリーはメーカーによって仕様は様々ですが、「バッテリーが膨らむ」といった報告をされているものもあり、入れっぱなしにしておくのは怖いものがあります。

ですので、互換バッテリーを本体に入れるのは「撮影時」に限定しておくのがよいかと思います。

カメラの互換バッテリーを使い続けてみてわかったこと
カメラの互換バッテリーの実際は?ミラーレス一眼で使った感想とレビュー