2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

バッテリーを長持ちさせる充電の仕方を知っておこう

カメラのバッテリーを長持ちさせるコツ

今のカメラのバッテリーは継ぎ足し充電が可能になり、一昔前のようにバッテリーを空っぽにしてから充電しなくてもよくなりました。

カメラのバッテリーは使い切ってから充電しないとダメ?
バッテリーは、空っぽにしてから充電するべきかどうかを初心者さんにもわかりやすく解説。バッテリーの性質や、よりよい充電方法についても。

好きなタイミングでフル充電できるのは大きなメリットですが、実は充電の仕方でもバッテリーの寿命が変わります

バッテリーを長持ちさせるために、「満充電」についても知っておきましょう。

知っておきたい充電の仕方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実はカメラのバッテリーは、満充電の状態を続けすぎるのもよくありません。「満充電」とはフル充電されて、バッテリーが満タン状態のことです。

この満充電の状態が続きすぎると、バッテリーに負担がかかり、バッテリーの劣化をまねきます。

満充電の状態が続くとバッテリーは劣化していく

「満充電を続ける状態」とは、たとえば

・カメラを使ったあとすぐにフル充電

・カメラを使う前にもう一度フル充電

・カメラを使い終わったらまたフル充電

といったことを頻繁に繰り返すといったケースです。

このように満充電の状態が続きすぎるとバッテリーが負担を感じ、だんだんと劣化していってしまいます。

今のバッテリーは、継ぎ足し充電に対応していることもあって「とにかくフル充電!」と考えてしまいがちですが、やりすぎてしまうとバッテリーの寿命を縮めることになってしまいます。

バッテリーも人間と同じで、いつもお腹いっぱいというのもよくないということですね。

長期間カメラを使わない時はバッテリーを抜いておこう
カメラを長期間使わない時はバッテリーを抜いておくのが基本です。バッテリーの特性と使う際の注意点を初心者さんにもわかりやすく解説しています。

誰でも簡単にできます!満充電の対策

満充電の対策は簡単です

カメラの場合、撮影前にフル充電しておくのは基本です。なのに、満充電の状態が続くのはよくないと言われたら「じゃあ、どうしたらいいんだ」と思う人もいるかもしれませんね。

でも、簡単な対策方法があります。それは「できるだけ充電回数をまとめる」ことです。

「充電回数をまとめる」だけで対策できる

上で挙げた例でいえば

1・カメラを使ったあとすぐにフル充電 ←満充電の状態

2・カメラを使う前にもう一度フル充電 ←満充電の状態

3・カメラを使い終わったらまたフル充電 ←満充電の状態

と、3度のタイミングで充電して、満充電の状態をつくっています。でも、実際はカメラを使う前に満充電になっていればいいわけです。

つまり、

1・カメラを使ったあとすぐに充電しない

2・カメラを使う前にフル充電する ←満充電の状態

3・カメラを使い終わったあとすぐに充電しない

とすれば、ムダに満充電にしていた状態が減らせます。そう、「使う前にフル充電」をすれば1回ですむわけですね。

こうした点も気をつけるようにすると、バッテリーの寿命をムダに縮めることなく、長く使うことができます。

まとめ

本当にちょっとしたことですが、積み重なっていくとこれだけでもずいぶんと違いが出てきます。簡単にできる対策ですのでぜひやってみてください。

今すぐできる!デジタル一眼&ミラーレス一眼のバッテリーを長持ちさせるコツ
デジタル一眼&ミラーレス一眼のバッテリーを長持ちさせるコツ。わたしたちが実際にやっている方法を紹介します。まずは、こまめに電源を切る。これだけでも電池の持ちがかなり変わります。バッテリーの持ちで悩んでいる人はぜひやってみてください。次に、液晶画面の明るさを下げる液晶画面を明るくすると、それだけバッテリーの消費も早くなります。