3WAY雲台はこんなしくみ!動きや使い方をみてみよう

3WAY雲台のしくみと使い方

三脚には「雲台」と呼ばれるパーツがあります。カメラを接続する台座部分のことですね。

雲台は、大きく分けて「3WAY雲台」「自由雲台」の2種類があります。

今回は3WAY雲台のしくみと使い方についてお届けします。

3WAY雲台のしくみ

3WAY雲台は、カメラの向きを3つのネジ(またはレバー)で調整するタイプの雲台です。

廉価パーツを使えば低コストで製作できるため、安価な三脚にもよく使われている雲台です。

3WAY雲台の使い方

3WAY雲台のしくみ

ここでは、Velbon EX-440Nの3WAY雲台を例にしくみをみていきましょう。

上の画像で、番号のついている部分が次の動きに対応しています。

  • 1をひねると、カメラを上下に動かせるようになる
  • 2をゆるめると、カメラの傾きを変えられるようになる
  • 3をゆるめると、カメラを水平方向に動かせるようになる

それぞれに受け持ちがあるわけですね。

ですので、カメラの位置を決める時は、1つずつ操作をする必要があります。

たとえば「カメラを縦にして、下に向けたい」時は

  • 2をゆるめてカメラを縦方向にして固定
  • 1をひねってカメラを下にむけて固定

といった操作をします。

自由雲台との違い

ちなみに自由雲台は、ネジをゆるめるとカメラが全方向に動かせるようになります。

自由雲台のしくみ

タイプによっては、水平方向が別ネジのものもありますが、ほぼダイレクトに全方向にカメラを向けることができます。

多少慣れが必要になりますが、3WAY雲台と比べるとスピーディーにカメラの位置を決めることができます。

3WAY雲台のメリット・デメリット

操作のしやすさ

3WAY雲台の大きなメリットは「カメラの位置が決めやすい」点です。

「上下」「傾き」「水平方向」を1つ1つ固定しながら作業できるので、カメラの位置決めが非常に簡単です。

基本的にネジ(またはレバー)をゆるめたところしか動かないので、たとえば

  • 他は固定したまま、カメラの傾きだけを変えたい
  • カメラの高さを固定したまま、水平方向に動かしたい

といった操作も簡単にできます。

それに対し、自由雲台はネジをゆるめると全方向に動いてしまうので、こうした操作は不得手です。

買う前に確認しておくといいこと

3WAY雲台は、自由雲台に比べて「大型になりやすい」という点があります。

自由雲台はこのようにコンパクトですが・・・

ミニ三脚「SLIK MINI PRO DQ」 自由雲台

3WAY雲台は、ネジや可動部分のパーツ数が多いため、全体にゴテッとしています。

3WAY雲台は大型になりやすい

また、レバー(パン棒)もついているため、少々スペースをとります。

3WAY雲台 レバー(パン棒)が大きめ

全体のサイズが絶望的に大きいというわけではありませんが、レバー(パン棒)はけっこうかさばります。

購入前にサイズを確認しておくと安心です。

固定式と着脱式

三脚には、雲台を取り外せるものとそうでないものがあります。

取り外しができるものは、雲台を好きなものに交換できるというメリットがあります。・・・が、全体的に高価です。

安い三脚は、雲台が取り外せないものがほとんどです。三脚の価格は「頑丈さや安定感」だけでなく、こうした点でも違いがあるというわけですね。

まとめ

今回は3WAY雲台のしくみと使い方についてでした。ネジやレバーがそれぞれの方向に対応しているのが、3WAY雲台ということですね。

ちなみに、今回の紹介に使ったのはこの三脚です。

Velbonの入門用三脚「EX-440N」です。入門用ですが、かなり使えます。

三脚選びを考えている方がいましたら、よかったら参考にしてみてくださいね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

よく「三脚はそれなりに高いものを買ったほうがいい」といわれます。そもそも「安い三脚」は何が違うのか、何が足りないのかみていきましょう。 ...
ミラーレス一眼用にVelbonの三脚 EX-440Nを買いました。 3~4千円台で買える三脚なので「どうかなあ」と思いましたが...