この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

【デジタル一眼】カメラの使用説明書(マニュアル)はどう使う?

カメラの使用説明書(マニュアル)の使い方

デジタル一眼を買うと、使用説明書(マニュアル)が付属します。

が、デジタル一眼の説明書は初心者向けではない部分が多いため、いざ読もうと思っても「ややこしい」と感じる方も多いかと思います。

そこで今回は、デジタル一眼の使用説明書(マニュアル)の使い方についてお届けします。興味のある方はよかったら参考にしてみてくださいね。

カメラの入門書ではない点に注意

カメラの説明書は「機能解説書」

デジタル一眼の使用説明書は

  • そのカメラにはどんな機能があるのか
  • その機能はどんな操作で使うのか

を解説している「機能解説書」です。「機能辞典」といってもよいかもしれません。

あくまで『そのカメラでできること』と『使い方』を解説しているものなので、写真の撮り方を1から学ぶための入門書とはちょっと性質が違っています。

最初から順に読まなくてOK

カメラの説明書は、そのカメラの機能全般を解説しているので、カメラに慣れないと分かりづらい機能や、人によっては全く使わないような機能も載っています。

そのため

  • 全部を理解しなくてはいけない
  • 最初のページから目を通さなければいけない
  • 一通り読まなければいけない

といったことは全くありません

カメラの説明書は、「辞書」や「辞典」のように使うのがポイントで、「知りたい機能が出てきた時に調べる」ために使います

逆に言えば、「今、知らなくてもいいこと」もいっぱい載っています。

ですので、最初から読んでいく必要もなければ、全部を理解する必要もありません。

まずは何を調べる?

今、やりたいことを調べてみよう

説明書は「今、やりたいこと」を調べるのに使います

カメラの説明書は、知りたいことを調べるために使います。具体的には「今、やりたいこと」を調べます。

カメラを買ったのなら、まずは「使ってみたい」ですね。

となれば、説明書で次の項目を調べてみます。

  • バッテリーの充電方法
  • 電源の入れ方

充電方法が分かったら、実際に充電してみましょう。

充電が終わるのを待っている間に、カメラを使えるようにしておきましょう。説明書で次の項目を調べてみます。

  • レンズのつけ方
  • ストラップのつけ方
  • メモリーカードの入れ方

シャッターの切り方も確認しておいてもいいでしょう。

充電が終わったら、バッテリーをセットして試し撮りをしてみます。すると、いろいろと疑問が出てくると思います。

たとえば

  • 撮った写真を見る時はどうしたらいい?
  • 写真を削除するにはどうしたらいい?

といった疑問ですね。これも説明書で調べてみます。

あとはこの繰り返しで、「今、知りたいこと」「今、やりたいこと」が出てくるたびに説明書で調べます。

こうして使うと、説明書を1ページ目から順番に読む必要がないことが分かると思います。

説明書の最初にある「各部の名称」も、無理に覚えなくてもOKですよ。

まとめ

今回は、カメラの説明書の使い方についてお届けしました。

カメラをはじめたばかりの方は、説明書を読んで「いろいろできそうなのはいいけれど、まず何をしたらいいのか分からない」と感じる方も多いかと思います。

カメラの説明書は、今回紹介したように「今やりたいこと」を調べるための辞書や辞典と考えると使いやすくなりますよ。