2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

キヤノンのデジタル一眼で使えるメモリーカードを確認する方法

キヤノンのデジタル一眼で使えるメモリーカードを確認する方法

デジタル一眼を購入する際に意外と難しいのがメモリーカードの選び方。

いろいろな種類があって、「どれを選んだらいいのかわからない」という方も多いかちょ思います。

そこで今回はキヤノンのデジタル一眼で使えるメモリーカードを確認する方法をお届けします。初心者向けの機種「EOS 9000D」を例にチェック方法をみていきましょう。

製品ページから確認してみよう

まずは製品ページから確認する方法をみていきましょう。

1.キヤノン公式サイトのカメラ本体一覧のページにアクセスします。

カメラ本体一覧

 

2.任意の機種をクリックします。今回は例として「EOS 9000D」をクリックしてみます。

任意の機種をクリック

 

3.すると、クリックしたカメラの製品ページに移行します。

EOS 9000D

 

「仕様」タブをクリックします。

「仕様」タブ

 

4.「仕様」の画面が表示されたら、「型式」という項目を探します。

「型式」

そこの「記録媒体」とあるところに、この機種で使えるメモリーカードが記載されています。

FAQページから確認してみよう

キヤノンのデジタル一眼で使えるメモリーカードは、「Q&A」のページから確認することもできます。

調べたいカメラのQ&Aページを開いてみよう

1.キヤノン公式サイトの「Q&A検索」のページにアクセスします。

キヤノン Q&A検索

 

2.まずは調べたい商品のジャンルを選びます。今回はEOS 9000Dについて調べますので、「カメラ・レンズ」をクリックします。

「カメラ・レンズ」

 

3.次に調べたいカメラの型式を選びます。今回はEOS 9000Dですので「デジタル一眼レフカメラ」をクリックします。

「デジタル一眼レフカメラ」

 

4.シリーズ名(モデル)の選択画面になります。

シリーズ(モデル)の選択画面

調べたいカメラのモデルを選びます。今回はEOS 9000Dを例にしますので、「エントリーモデル」を選択します。

 

5.エントリーモデルのカメラ一覧のページになります。

エントリーモデルのカメラ一覧

ここで任意の機種を選択します。今回は例としてEOS 9000Dをクリックしてみます。

 

6.EOS 9000DのQ&Aを選ぶ画面になります。

 

EOS 9000DのQ&A

検索窓がありますので、「使用可能なメモリーカード」と入力して検索します。

 

7.すると、検索結果が表示されます。ここでチェックするのは次の2つです。

「使用可能なメモリーカード」 EOS9000D

この2つの見出しをみてみると、どちらもよく似ています。

  • 使用可能なメモリーカードの種類、各規格への対応状況
  • 使用可能なメモリーカードの種類は?

といった感じで、見出しだけをみると、どちらもほぼ同じ印象を受けます。

使用可能なメモリーカードの種類、各規格への対応状況

「使用可能なメモリーカードの種類、各規格への対応状況」は、キヤノンのデジタル一眼レフ、ミラーレス一眼全般の対応状況をまとめたページです。

使用可能なメモリーカードの種類、各規格への対応状況

 

各機種に使えるメモリーカードの状況が、ずらっと表示されています。ですので、調べたい機種があるときは、この中から探す必要があります。

 

EOS 9000D

EOS 9000Dは、ページの半ばを過ぎたあたりにありました。

このように、各機種の対応状況をまとめているのが、「使用可能なメモリーカードの種類、各規格への対応状況」のページです。

使用可能なメモリーカードの種類は?

「使用可能なメモリーカードの種類は?」は、その機種で使えるメモリーカードを記載したページです。

今回の例でしたらEOS 9000Dで使えるメモリーカードが確認できるページです。

その機種で使えるメモリーカード

 

その機種に特化したページですので、使えるメモリーカードがわかりやすくまとめられています。

今回の記事で紹介したアイテム

今回はキヤノンのデジタル一眼で使えるメモリーカードの確認方法をお届けしました。

ちなみに、キヤノンイメージゲートウェイのページでは、キヤノンがおすすめするサンディスクのSDカードが紹介されています。

初心者のためのSDカードの選び方。 - キヤノンイメージゲートウェイ
SDカードの選び方を初心者の方にも分かりやすく解説します。撮影スタイルに合ったSDカードを選べば快適な撮影が楽しめます。おすすめのSDカードも紹介しています。

今回の記事で紹介したアイテムは次の通りです。

よかったら参考にしてみてください。