2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

芯を持っておくメリット

スポンサーリンク

芯を持っておくメリット

前回の記事では「原点となる写真を持っておく」と題して、「自分が目指す方向性がわからない」ときの対処法をお届けしました。

原点となる写真を持っておく
前回の記事では「時代とスタイル」と題して、「なんでも吸収しよう」という学び方が難しい時代になったことについてお届けしました。 今回はその続きです。 前回の記事では 前回の記事では、「ひと昔前と現在」の情報量と学ぶことの関係につ...

今回はその続きです。

前回の記事では

前回の記事では、「自分が目指す方向性がわからない」ときは、自分の「原点となった写真」を持っておくことをおすすめしました。

原点となる写真とは

  • 自分が「カメラをはじめよう」と思ったきっかけになった写真
  • 最初に「こんな写真を撮ってみたい」と思った写真

のことです。

こうした写真は、自分をこの趣味に導いてくれたものたちであり、道しるべになったものでもあります。

そして、同時に「自分がやりたかったこと」を示しているものでもあります。

今回はその続きです。

芯を持っておくと強い

自分にとっての「芯」は次のいずれかの方法で持つことができます。

  • 自分が目指す方向性(自分が目指すスタイル)を持つ
  • 原点となる写真を持っておく

「芯」を持つことで情報の洪水の中でも揺らぎにくくなります。

また、次のようなメリットもあります。

学ぶ方向性を定めやすい

自分の「芯」を持っておくと、学ぶ方向性が定めやすいという利点があります。

自分が目指す方向が決まることで、新たな情報を前にした際に「今の自分に必要な情報かどうか」を判断しやすくなるわけですね。

  • この情報は面白そうだけど、今の自分には必要ないな
  • 自分の目指す写真には、今のところ必要なさそうだな

といった感じで、情報の優先度を決めることができるのですね。

また、知識に関しても「どの程度学んでおくべきか」の判断がつけやすくなります

「自分の目指す方向性」に必須の知識であれば「絶対に身に着けるぞ」と思って取り組めますし、重要性が低い知識であれば「これはさらっと知っておく程度でいいかな」といった判断をつけることもできます。

そう、知識の習得に「力を入れるべきところとそうでないところ」の判断がつけやすくなるのですね。

言い方をかえれば、必要な知識を効率的に身に着けやすくなる――わけですね。

迷ったときに立ち戻れる

自分の芯を持っておくと、迷ったときに立ち戻れるのも利点です。

今回の連載では「情報の洪水」にスポットをあてて話をすすめていますが、写真を撮っていると、迷うことは多々あります。

  • いつも通りやっているつもりなのに、なんだかしっくりこない
  • なんだかスランプに入った気がする……

などなど。

そんなときは、あらためて「自分の目指す方向性(自分が目指すスタイル)」「自分の原点となった写真」をみつめなおすと、現状を打破するヒントがみつかることが多々あります。

また、「いつの間にか忘れてしまっていたこと」に気づいたり、「今の自分のスタイル」と「目指す方向性」とのズレを修正できたりしもします。

これらは自分の「芯」があるからこその強みなんですね。

時代には時代なりの悩みがつきまといます。今、情報の洪水の中で自分の立ち位置が不安定だと感じている方は、ぜひ「自分の原点となる写真」を思い出してみましょう。

そうした写真を見返してみると、きっといろいろな発見があることかと思います。