この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

レンズ掃除の強い味方「HAKUBA レンズクリーニングティッシュ」

HAKUBA レンズクリーニングティッシュ 個装 100枚入り 速乾 除菌 ウェットタイプ KMC-78

カメラを使っていると、レンズの表面や背面液晶(ライブビュー画面)に汚れがつくことがあります。

ちょっとしたホコリならブロアーで飛ばせばOKですが、水滴のあとや指紋、皮脂などの汚れはブロアーだけではキレイにできません。

そこで今回は、レンズの表面や背面液晶の汚れをキレイにするアイテム「HAKUBA レンズクリーニングティッシュ」を紹介します。

レンズクリーニングティッシュってどんなアイテム?

HAKUBA レンズクリーニングティッシュ 個装 100枚入り 速乾 除菌 ウェットタイプ KMC-78

レンズや液晶についた「水滴のあと」「指紋」「皮脂」などの汚れは、表面についたホコリを飛ばしたあとに、拭き掃除をしてキレイにします

……が、この拭き掃除、どんなもので拭いてもいいわけではありません。繊維が粗いもので拭くと、レンズの表面や液晶にキズをつけてしまう場合があります。

そこで便利なのが、レンズの拭き掃除用のアイテム「レンズクリーニングティッシュ」です。

一見すると、個装された普通のウェットティッシュのようですが、大きな違いはそのつくり。

レンズを拭いてもキズがつかないように、非常にやわらかく、細かい繊維でつくられています。レンズのほか、液晶の掃除にも使えるので、ぜひとも持っておきたいアイテムです。

レンズクリーニングティッシュはどう使う?

HAKUBA レンズクリーニングティッシュ 個装 100枚入り 速乾 除菌 ウェットタイプ KMC-78

まずはホコリや砂の除去から

さて、拭き掃除に使うレンズクリーニングティッシュですが、汚れを見つけてもいきなり拭かないようにします。万が一、レンズの表面や液晶にホコリや砂がついていると、拭いた時にそれがキズの原因になるからです。

そのため、まずはブロアーで表面のホコリや砂を完全に飛ばしてから作業を行います。

HAKUBA メンテナンス用品 ハイパワーブロアープロ L ブラック KMC-61LBK

これで、拭く際にホコリや砂を巻き込むことがなくなるわけですね。ですので、レンズの表面や液晶の掃除をする際は、ブロアーも合わせて用意しておくのがおすすめです。

レンズクリーニングティッシュの使い方

レンズクリーニングティッシュでレンズの表面や液晶を掃除する時は、必ず軽く拭くようにします。

HAKUBA レンズクリーニングティッシュ 個装 100枚入り 速乾 除菌 ウェットタイプ KMC-78

この際の注意点は「拭き跡」が残らないようにすること。クリーニングティッシュは、商品によって推奨される拭き方があります(商品のパッケージや説明書に書かれています)。

HAKUBA レンズクリーニングティッシュの場合は、中心から外側に向けて円を描くように拭くと、拭き跡が残らずキレイに掃除できます。

HAKUBA レンズクリーニングティッシュ 個装 100枚入り 速乾 除菌 ウェットタイプ KMC-78

ちなみに、HAKUBAレンズクリーニングティッシュは、個別包装されています。1枚のサイズがけっこう大きくなっています。

表面が湿っている間はずっと使えるようなイメージがありますが、使い捨てタイプになっています。クリーンな状態で掃除をするためにも、開封後はすぐに使用し、1回の掃除ごと新しいものを使うのがおすすめです。

拭き後が残った時は

レンズクリーニングティッシュは拭き跡が残りにくい仕様ですが、それでも汚れの種類によっては、わずかに拭き跡が残ることがあります。

その場合はレンズペンというアイテムを使って、表面をキレイにします。

レンズペンは、レンズ掃除の仕上げ用のアイテムです。拭き跡の除去に最適で、レンズの表面をキレイに仕上げてくれます。

おしまいに

今回は、レンズの表面や液晶の掃除に便利なアイテム「HAKUBA レンズクリーニングティッシュ」を紹介しました。

汚れがつくと、つい手元にある布やティッシュで拭いてしまいそうになりますが、専用の道具を使うことで、しっかりとメンテナンスをすることができます。ぜひ使ってみてください。

\ こちらの記事もおすすめです /

カメラを買ったら、ぜひ揃えておきたいアイテムいろいろ
カメラを買ったら、末永く使いたいもの。そこで今回は、大切なカメラを長く使うためにぜひ揃えておきたいアイテムを紹介します。 カメラを傷や汚れから守ろう レンズ保護フィルター レンズ保護フィルターは、レンズの前面につけるアイテムで...