この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

【写真の撮り方】カゲ(影と陰)に注目して撮る面白さ

カゲに注目して撮るおもしろさ

写真は「光が大事」とよくいわれます。代表的なところでは

  • 光の方向
  • 光の質
  • 光の明るさ

といった要素が挙げられます。

が、「カゲ」にも注目して撮ってみるのも面白いもの。というわけで今回は、写真におけるカゲに注目して撮る面白さについて考えていきます。

今回の記事では「影(shadow)」と「陰(shade)」をひとまとめにして、「カゲ」と表現しています。

写真におけるカゲの面白さ

写真におけるカゲのおもしろさ

カゲには大きく分けて次の2つがあります。

  • 光があたらずに暗くみえるところ(陰、shade)
  • 地面などにおちるカゲ(影、shadow)

今回の記事では、この2つをあわせて「カゲ」と表現し、光のあたるところに対して「暗くなる場所」という意味で使っていきます。

光の方向とカゲの方向

カゲのできる方向

「光の向き」があるように、カゲにも向きがあります。

地面や壁などに落ちるカゲは、光のあたっている方向の反対側にできます。光のあたる角度によって長さが変わります。

屋外でしたら、太陽が高い位置にある時は短いカゲが、低い位置にある時はカゲが長くなります。この性質を利用すると、カゲの長さによって時間帯や季節を表現することができます。

また、光があたらない場所にできるカゲは、モチーフの形状によってできる位置が変わります。

カゲにも質があります

カゲの質を考える

地面などに落ちるカゲは、光が強いほど輪郭がはっきりしたカゲになります。逆に光が弱く・やわらかくなるほど、輪郭がやさしくなっていきます。

屋外でいえば、日差しが強い時ほどカゲの輪郭がはっきりとし、日差しが弱い時ほど輪郭があいまいになります。

影と陰の入り方

光のあたらない場所にできるカゲは、光の強さやモチーフの形状・材質などによってみえ方がかわってきます。

地面などに落ちるカゲに比べると、輪郭があいまいになりやすい傾向があります。こうした性質を考えながら撮ると、より写真がたのしくなります。

明るいところを入れると分かりやすく

カゲを意識して撮る

カゲを生かして撮る時は、画面内に明るいところを意識して入れるようにすると、カゲの面白さが出やすくなります。

画面にメリハリがつき、カゲの存在がわかりやすくなります。

カゲの中にも明るさの差があります

カゲの中にも明るいところ、暗いところがあります。そうした点に注目してみるのもおもしろいところです。

まとめ

今回は、「はれときどきカメラ」で撮った写真を例に、カゲの注目して撮る面白さについて紹介しました。光を意識して撮るのもたのしいですが、カゲの入り方に目をむけてみるのもたのしいですよ。

よかったら参考にしてみてくださいね。