この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

ベースラインに着目して写真に安定感を出そう│水平と垂直編

写真のベースラインの考え方

写真を撮るコツの1つに「ベースラインに気をつける」というものがあります。

ベースラインとは「基準になる線」のこと。写真では、画面の中で重要となる線のことをいいます。

代表的なベースライン「水平と垂直」

ベースラインとしてもっとも分かりやすいのは「水平と垂直」です。

たとえば風景なら

写真のベースラインとは 水平・垂直編

水平は「真横のライン」。

たとえば風景の写真なら、「地面や地平線や水平線」が水平になるようにすると、画面に安定感が出て、見栄えがするようになります。

垂直は、建物の柱などの「上にまっすぐと伸びるライン」です。これをきちんと垂直に配置すると、画面がどっしりと安定します。

こうした画面全体を構成するのに重要なラインをベースラインといいます。

水平と垂直

写真をはじめたばかりという方は、まずは水平または垂直に気をつけると、写真がグッとよくなります。

できるだけまっすぐになるように心がけるだけで、かなり変わりますよ。

水平や垂直 複数のラインがある時はどうする?

さて、「水平と垂直に気をつけて写真を撮ろう」と外にでると、かんたんにいかない場面に遭遇することがあります。

たとえばこんなシーン。

ベースラインの考え方

縦と横のラインが複数あるシーンです。こうした場面では、すべてを水平・垂直にするのは難しいものがあります。

というのも、

  • カメラは、レンズや焦点距離によってゆがみが出ることがある
  • 実際の建物自体にゆがみがある

ケースもあるためです。

そのため、こうしたシーンでは、基準になるラインをみつけるようにします。

「ここがまっすぐだと、写真全体が安定してみえる」または「この柱はしっかりと垂直になっている」というラインを探します。

また、シーンによっては、ラインが絞りきれない場合があります。その場合は、複数枚撮っておいて、家であらためて確認すると答えがみつかりやすくなります。

「時間をおいてチェックする」「カメラの液晶以外でみる」ことで、現場で見るのとは違った距離感で見ることができます

水平と垂直 きちんとしたラインがない時は

建物によっては「水平や垂直に近い線が多いけれど、どれも微妙にゆがんでいる」ものがあります。

水平・垂直のラインを探す

こうした場面でも、やはり基準になりそうなラインをみつけます。

たとえばこの写真のようなシーンは、水平と垂直の判断が難しい場面です。縦方向の板にそれぞれゆがみがあるので、非常に迷わされます。

このようなシーンでは、「水平・垂直をきちんとする」という考えから一歩すすんで、「どこを水平または垂直にしたら画面が安定するか」と考えます。

そう、水平・垂直は、もともと「画面に安定感を出すための目安」なんですね。

水平・垂直のラインがはっきりしていない場合

ですので、画面にまっすぐのラインがなければ、「画面が安定しそうなライン」を自分の中でみつけます。

「この部分とあの部分をつないだあたりが、水平ラインになりそう」みたいな感じですね。

ベースライン「垂直と水平」まとめ

今回は、画面を構成するのに重要なライン「ベースライン」についてお届けしました。

「写真にいまいち安定感がないなあ」と感じる場合は、水平や垂直をチェックすると、答えがみつかることがよくあります。

好かったら参考にしてみてくださいね。