コントラストAFって何?

コントラストAFとは デジタル一眼・ミラーレス一眼の基礎知識

今回はAF方式の1つ、コントラストAFについての解説です。

AFとは、オートフォーカス(Automatic FocusingまたはAutofocus)の略です。カメラが自動的にピントを合わせる機能のことです。

コントラストAFとは

コントラストAFとは デジタル一眼・ミラーレス一眼の基礎知識 作例画像コントラストAFとは、被写体のコントラストを利用してピントを合わせる方式のことをいいます。

AFの精度が高く、画面の広い範囲でピントが合わせられるのが大きな特長です。

ピントが合った位置がもっともコントラストが高くなるという性質を応用してつくられています。

コントラストAFは、ハイブリッド方式も含めると、ほとんどのデジタル一眼のライブビューモードで使われています。

コントラストAFのメリット・デメリット

コントラストAFは、他のAF方式に比べて、AFの精度が高く、画面の広い範囲でピントを合わせられるのが特長です。

また、専用のセンサーを必要としないため、カメラのボディを小型軽量化することができます。

ただ、構造上、AFスピードを向上させにくいというデメリットがあります。

以前より高速化してきているものの、それでも位相差AFに比べると合焦が遅くなります。

今回は、位相差AF、像面位相差AFについての解説です。前回の記事で解説したコントラストAFとは様々な違いがあります。 関連記事 コント...

まとめ

今回はコントラストAFについての解説でした。AFはデジタル一眼の進化を実感しやすい部分だと思います。

自分のカメラのAF形式を知っておくと、それを生かした撮影ができますよ。

\ こちらの記事もおすすめ! /

今回は CCD、CMOS、LiveMOS、それぞれの違いをみていきましょう。 いずれもデジタル一眼の「イメージセンサー(撮像素...
MF(マニュアルフォーカス)は、多少の慣れは必要ですが、使えるようになると写真がもっとたのしくなります。 MF(マニュアルフォーカ...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...