2021年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

セオリーに自分なりの理由をプラスする

セオリーに自分なりの理由をプラスする

建物や人工物を撮る際には、水平・垂直に気をつけると画面が安定しやすくなります。

たとえば上の写真のようなケースでは、画面内の縦のラインや横のラインが傾かないように撮ると、画面が安定してみえます。

縦のラインは垂直に、横のラインは水平になるように撮るわけですね。

つまり、「肉眼で見て、あるいは体感的に垂直・水平と感じるものを、その通りに撮る」とそれらしくみえるということです。

が、そうはいっても、被写体によっては、その通りにいかない場合があります。

どのラインをまっすぐにするか

たとえば、建物の場合でしたら、本来はまっすぐのはずのラインが

  1. 経年や立地などの原因で、もとからゆがんでしまっているもの
  2. レンズの性質上ゆがんでうつってしまうもの

があります。

また、撮影する角度によっては垂直・水平をキープできない場合もあります。

こうしたケースでは、垂直ラインと水平ラインの両方を得るのは難しいものがあります。ですので、どちらか一方にしぼって考えます

縦か横の線をまっすぐにする

たとえば次の写真をみてみましょう。

縦か横の線をまっすぐにする

建物の写真ですが、画面の中にはいくつもの縦と横のラインがあります。壁、窓、雨どいなど、いろいろなラインがありますね。

こうしたケースでは、すべてのラインを垂直・水平にあわせるのは難しいものがあります。そこで出てくるのが「縦か横の線をまっすぐにする」という考え方です。

その際には、「画面の中の目立つ・あるいはわかりやすいと感じる線を基準にする」と考えます。

すると、上の写真の場合でしたら、たとえば

  • 窓枠の縦ラインを垂直にする
  • あるいは壁の横ラインを水平にする

といったアイデアが浮かびます。

もちろん「画面の中の目立つ、あるいはわかりやすいと感じる線」は人それぞれですから、上の例とは違う線を挙げても問題ありません。

このように考えて撮ると、画面に安定感が出やすくなります。

ここで先ほどの写真をもう一度みてみましょう。

どのラインを基準にするか

どのラインを基準にするか

この写真は先ほど挙げた「壁の横ラインを水平にする」というアイデアで撮っています。

窓の縦ラインにしなかったのは、

  • 画面を支配しているのが家(壁)であること
  • 壁という存在の中に窓がある(ベースである壁の存在が重要)

という考え方からです。

もし、これが窓が画面を支配している(と考えて撮った写真)であれば、窓を基準にした可能性もあります。

つまり

  • 垂直・水平を考える際は「画面の中の目立つ、あるいはわかりやすいと感じる線」を基準にする
  • そのラインを基準にする理由を持つ(自分なりに考えてみる)

わけですね。

自分なりのセオリーを作っていく

今回の記事で紹介したのは、「垂直・水平をきちんとすると画面が安定しやすくなる」というセオリーに自分なりの理由をプラスしてみようという考え方です。

ただ「そういうセオリーだから」と撮るのではなく、「なぜそうするのか」という理由を持って撮るということですね。こうした点を押さえながら撮影をすると、写真を撮るのがよりたのしくなりますよ。