意外と知らない「カメラのバッテリーの探し方」を紹介します

意外と知らない「カメラのバッテリーの探し方」

カメラを使っていると「もう1つバッテリーがほしいな」と思うことがあるかと思います。

というわけで今回は、カメラのバッテリーの探し方をお届けします。

カメラのバッテリーはどう探す?

カメラのバッテリーは、カメラの機種によって使えるものが決まっています。

ですので、バッテリーを探すときはまず「バッテリーの型番」を確認するようにします。

ここではキヤノンのKiss X9を例にして、実際のバッテリーの探し方を紹介します。

バッテリーの型番を確認する

バッテリーの型番は、バッテリー本体や説明書、公式サイトで確認することができます。

ここでは、公式ページから確認してみます。

1.キヤノンのKiss X9の公式サイトにアクセスします。

公式サイトにアクセス

2.画面内にある「仕様」をクリックします。

仕様をクリック

3.仕様一覧が出ますので「電源」について書かれた項目を探します。

キヤノンKiss X9 バッテリー LP-E17

使用電池の欄にある「バッテリーパックLP-E17、1個」というのがKiss X9のバッテリーです。

「LP-E17」がバッテリーの型番です。では、実際に探してみましょう。

実際に探してみよう

ここでは例として「Amazon」で探してみます。

1.検索窓に先ほど調べた型番「LP-E17」を入力し、検索します、

検索窓にバッテリーの型番を入力

2.すると「LP-E17」に関連する商品が表示されます。

検索結果

この検索結果には「キヤノンの純正バッテリー」と「他社がつくっている互換バッテリー」が表示されています。

バッテリーの見方を知ってみよう

純正バッテリーの見方

キヤノン純正のバッテリーは次のように表示されます。

純正バッテリーの見方

「LP-E17」という型番が表示され、メーカーが「キヤノン」になっています。

互換バッテリーの見方

互換バッテリーは次のように表示されます。

互換バッテリーの見方

型番の「LP-E17」にあわせて、たいていの場合「互換」または「対応」といった文字が入ります。また、メーカー名もキヤノンではなく、他社になっています。

価格もキヤノン純正よりも安価なのが特長です。

互換バッテリーってどんなバッテリー?

互換バッテリーはメーカー純正ではなく、他社がつくっている製品です。

純正品より安いのが特長ですが、品質にばらつきがある、使用は自己責任といったデメリットもあります。

が、純正品よりはるかに安く手に入るのは大きなメリットで、いいものにあたれば大変にお得感があります。

レビューを見るときのポイント

Amazonで互換バッテリーを選ぶときは「レビュー」をみて、できるだけ評判のいいもの・レビュー数の多いものを選ぶのが重要です。

・・・が、次の点に注意が必要です。

たとえば、こちらの「LP-E17」の互換バッテリーをみると、160以上のレビューがついています。

互換バッテリー レビューの見方

ですが、「すべてのバリエーションを見る」というボタンが表示されています。

すべてのバリエーションを見る

こうした場合、このメーカーが出している「複数のバッテリーの評価」がまとめて表示されていることが多くあります。

商品ページをみると、3つのアイテムが選べるようになっています。

すべてあわせてのレビュー数

こうしたケースでは、3つの商品をあわせたレビュー数であることがほとんどです。

「LP-E17」の評価を知るには、レビューを絞り込む必要があります。

レビューの絞り込み方

レビューを絞り込むときは次のようにします。

1.レビューの下のほうにある「すべての○レビューを表示」をクリックします。

すべてのレビューを表示

2.すると上部にフィルタが出ますので「すべての形式」をクリックします。

すべての形式をクリック

3.「LP-E17のレビューのみを表示」をクリックします。

商品名をクリック

4.これで「LP-E17」のレビューのみが表示されるようになりました。

絞込みができました

すると、160以上あったレビューのうち「LP-E17」は3件となりました。

このように絞り込んでいくと、より確実に商品の評価をみることができます。

おしまいに

今回はカメラのバッテリーの探し方をお届けしました。Kiss X9を例に紹介しましたが、ほかの機種やメーカーでも同じ方法で探すことができます。

よかったら参考にしてみてくださいね。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA
はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

写真を撮っていると、季節ごとで空気の色が違うように感じることがあります。 冬はなんとなく寒い色。すこし冷たい感じの色合いになります。 ...