この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

写真に役立つ「色相環(しきそうかん)」について知ってみよう

写真に役立つ「色相環」について

写真は被写体や構図だけでなく、「色」も大きな要素です。特に「色同士の関係」を知っておくと、様々な場面で役に立ちます。

今回は、色同士の関係を知るのに便利な「色相環(しきそうかん)」について解説します。

色相環とは

色相環

「色相環(しきそうかん)」とは、色相を環(わ)のように並べたもののことをいいます。

色相環には『色がもっと細かく分けられているもの』など、様々なデザインのものがありますが、色の並び方のルールはどれも同じです。

向かい合っている色が「補色」

色相環で向かい合う色が補色

色相環で向かい合っている色のことを「補色」といいます。上の図で矢印のついたところをみてみましょう。

「赤紫」と「緑」が向かい合っていますね。つまり、「赤紫」と「緑」は補色の関係です。

表現を変えると

  • 「赤紫」の補色は「緑」
  • 「緑」の補色は「赤紫」
  • 「赤紫」と「緑」は補色になる組み合わせ

ともいえます。

ここでは「赤紫」と「緑」を例に挙げましたが、ほかの色も同じように考えます。向かい合っている色同士は、すべて補色の関係になります。

補色の関係だとどんな効果がある?

補色の関係にある色を使うと、コントラストがはっきりします

赤紫と緑のように「補色の関係にある色」は、お互いをひきたてあう(目立たせる)効果があります。そのため、2つの色が近い位置にあるほど、コントラストがはっきりとした印象になります。

写真でいえば、「緑」の背景に「赤紫」の花があれば、どちらの色も目立ってコントラストがはっきりしてみえるわけですね。

ちなみにこの性質は、完全に補色の関係でなくてもOKで、「補色になる組み合わせ」と近い色であれば成り立ちます

色をなじませるには

色相環で近い距離にある色はよくなじみます

写真の色をなじませたいときや、統一感を出したいときも色相環を参考にすると便利です。

色相環で近い位置にある色は、なじみやすい性質があります。たとえば「橙(オレンジ)」にみえる夕焼けを撮るのであれば、「色相環で近い位置にある色」ほどよくなじみます

上の図でいえば、「赤」と「黄」がよくなじむというわけですね。そして「橙(オレンジ)」から距離が離れていくほど、なじみにくくなります。

なじむ色で全体をまとめると、色によるコントラストが抑えられるため、画面が落ち着いてみえます。

なじむ色の範囲

色相環でなじむ色の範囲 半円ぐらいまでいけるかな?

さて、色相環で「どのぐらいの距離の色までならなじむか」という点ですが、「どこまで許容できるか」という感覚的なものもありますが、半円に近い範囲までなら、おおよそなじんでみえます。

こうした性質を知っておくと、なじむ色たちを使って「全体の落ち着き」を出し、ワンポイントで補色のモチーフを入れて目立たせるといったアイデアも使えます。

まとめ

今回は、色同士の関係を知るのに便利な「色相環(しきそうかん)」について解説しました。補色の関係は、よく使う色だけでもいいので知っておくと便利ですよ。よかったら参考にしてみてくださいね。