2019年に人気だったカメラアイテム TOP20を紹介中!

【Nikon】レンズ名についている記号や表記にはどんな意味がある?

スポンサーリンク

【Nikon】レンズ名についている記号や表記にはどんな意味がある?

Nikonのレンズには、レンズ名にいろいろな記号がついています。この表記の見方を知ると、レンズ名から「おおよその性能や性質」がわかるようになります。

というわけで今回は「Nikon D5300 AF-Pダブルズームキット」を例にして、レンズ名の見方を知ってみましょう。

レンズ名の見方

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 AF-P ダブルズームキット ブラック D5300WZ3

Nikon D5300 AF-Pダブルズームキットには、次の2つのレンズが付属します。

  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VR
  • AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3 G ED VR

レンズ名に様々な記号や略称が入り、ずいぶんと長い名前になっていますね。それぞれの表記についてみていきましょう。

AF-P

まず「AF」の表記が入る部分をみてみましょう。

  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VR
  • AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3 G ED VR

どちらのレンズにも「AF-P」という記載がされています。これは、AFの駆動にステッピングモーターを採用しているという表記です。

従来のレンズに比べて、ピント合わせがより高速にでき、動作も静かでスムーズといった特長があります。

AF-Pではないレンズでは、この部分の表記が次のようになります。

  • AF:ボディ内のAFモーターでAF駆動するレンズ
  • AF-S:超音波モーターによってAF駆動するレンズ

AFのスピードにこだわる方は、要チェックの表記です。

DX

次に「DX」の部分をみてみましょう。

  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VR
  • AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3 G ED VR

どちらのレンズにも「DX」という表記が入っています。これは、「DXフォーマット」の意味です。ニコンでは、センサーサイズがAPS-Cのものをこう呼びます。

ちなみにフルサイズ対応の場合は、FXという表記になります。

NIKKOR

つづいては「NIKKOR」です。

  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VR
  • AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3 G ED VR

どちらのレンズにも「NIKKOR」と入っています。NIKKORは、ニッコールと読みます。ニコンのレンズのブランド名です。

焦点距離

つづいて、焦点距離の部分をみてみましょう。

  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VR
  • AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3 G ED VR

「mm」とともに表記されている数字が焦点距離です。ズームレンズの場合は、ズームできる範囲の両端の焦点距離が記載されています。

ちなみに、単焦点レンズの場合は焦点距離が固定になりますので、書かれる数字もひとつだけになります。

開放F値

つづいて、「f」とあわせて書かれている数字をみてみましょう。

  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
  • AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

これはレンズの開放F値を示す数字です。ズームレンズの場合は、広角側と望遠側の開放F値が記載されます。

つづいては、「G」です。

  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VR
  • AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3 G ED VR

これは、絞りリングのないタイプのレンズであることを指します。絞り値の設定は、レンズではなくカメラ側で行う、という意味です。

VR、ED

つづいては、「VR」です。

  • AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VR
  • AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3 G ED VR

VRは、レンズに手ぶれ補正機能を内蔵していることを示します。Vibration Reductionの略です。この記載がない場合は、手ぶれ補正のないレンズということになります。

また、望遠レンズのほうについている「ED」は、特殊低分散(ED)ガラスを使用しているという意味があります。

まとめ

このような感じで、仕様表をみなくても、レンズの名称からおおよその性能や機能を知ることができます。長い名前には、情報がいっぱい詰まっている、というわけですね。

 

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

Nikon D5300の「AF-P 18-55 VR レンズキット」「 AF-P ダブルズームキット」とは
現在、Nikon D5300には「D5300 AF-P 18-55 VR レンズキット」「D5300 AF-P ダブルズームキット」というレンズキットがあります。 D5300自体は2013年発売の機種ですが、ここに2016年に...