写真がもっとたのしくなる!アウトフォーカスについて知ってみよう

アウトフォーカス 作例

アウトフォーカスとは、ピント範囲からはずれてボケている部分(または状態)のことをいいます。

こうしたピントが合っていない部分もみると、写真がよりたのしくなります。

アウトフォーカスの例

アウトフォーカス ピント範囲からはずれた部分、ピントが合っていない部分上の写真では、しべにピントが合い、まわりがボケています。このように、ピント範囲からはずれてボケている部分のことを「アウトフォーカス」といいます。

背景をアウトフォーカスにする 作例画像背景をアウトフォーカスにすると、みせたい部分が際立ってみえます。ピントの合う範囲とそうでない部分を意図的につくります。

アウトフォーカス 花 作例画像ボケ方がやわらかいときれいにみえます。ボケた部分のやわらかさを「ボケ味」といいます。アウトフォーカスとともによく使われる言葉です。

まとめ

アウトフォーカスとともに、知っておくといいのが「ピントは面に合う」ことです。こうした点にも着目すると、写真がよりたのしくなりますよー。

はれときどきカメラ編集部 RYOTA

はれときどきカメラの中の人その2。よく単焦点レンズをつけて街歩きをしています。好きなものは洋画とフエキくん。最近はツバメノートを愛用しています。

\ こちらの記事もおすすめ! /

フルタイムマニュアルフォーカスは、AF(オートフォーカス)でピントを合わせた後に、手動でピントの微調整ができる機能です。 AF...
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 ...