この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

カメラのピントってどこに合うの?ピントとボケの密接な関係

ピントとボケの関係写真はピントの合った部分とボケた部分でできています。

基本的に、ピントを合わせた1点(1つの面)以外はボケて写ります。どんなにシャープに見える写真でもそれは同じです。

今回はピントとボケの関係について考えていきましょう。

ピントは面に合う

ピントは面に合います 作例画像カメラのピントは1点(面)に合います。その面は、必ずカメラの撮像素子(イメージセンサー)と平行になります。

その面よりも手前や奥の部分はボケた状態で写ります。

ピントとボケの関係 同じ面や近い面にあるものはピントが合っているようにみえますピントを合わせた点と同じ平面上か、それに近い面であれば、被写界深度にもよりますが、ピントが合っているようにみえます。

被写界深度について知ってみよう
被写界深度(ひしゃかいしんど)とは、ピントを合わせた位置に対して、前後にピントが合っているように見える範囲のことをいいます。被写界深度の特性や、被写界深度とボケとの関係など、わかりやすく解説しています。

ピントが合った面の手前と奥はボケる

ピントが合った面の手前と奥はボケる 作例画像ピントの合った面の前後にある面はボケます

たとえば上の写真では、目(手前の目)にピントを合わせています。

よくみてみると、同じ顔の中でも、もう片方の目や頬はボケています。これはピントを合わせた目(手前の目)と面が違うためです。

小さなものでもピントとボケの関係は同じですこの原則は大きいものでも小さいものでも同じです。

手前と奥がない場合

ピントが合う面は撮像素子と平行な面

ピントは面に合うので、平面のものをまっすぐ撮る(カメラの撮像素子と平行になるように撮る)と、どれだけ頑張っても全体にピントが合ったように見えます。

この看板をぼかしたい時は、ピント面に対して手前と奥ができるように、自分が移動する必要があります。

まとめ

今回は、ピントについての解説でした。こういった点も意識しながら撮ると、よりたのしくなりますよー。

 

\ こちらの記事もおすすめ! /

写真を撮るのがもっとたのしくなる!マクロレンズの魅力
マクロレンズの魅力と楽しさを写真つきで紹介。接写に強く、小さな被写体でも大きく写すことができるマクロレンズ。豊富な実例とともに解説しています。
【受付終了しました】4/24(火)おでかけ写真教室 in フラワーパーク江南
【規定数に達しましたため、受付終了しました】 はれときどきカメラの写真教室、4月は愛知県江南市のフラワーパーク江南におでかけします。 パーク内を歩きながら、季節の花の撮影&小物撮影をたのしみます。 初心者さんのための写真教室です ...