この1年で最も注目を集めたカメラアイテムTOP15 紹介中!

マクロレンズで水滴を撮る

一眼レフで撮影した水滴写真
カメラに慣れてきたら、マクロレンズで作品の幅を広げてみませんか?

マクロレンズがあると、特別な場所に行かなくても身近なところで被写体をたくさん見つけることができます。

というわけで、今回は水滴を撮影してみました。

マクロレンズってなに?という方は、こちらのページをご参照ください。

写真を撮るのがもっとたのしくなる!マクロレンズの魅力
マクロレンズの魅力と楽しさを写真つきで紹介。接写に強く、小さな被写体でも大きく写すことができるマクロレンズ。豊富な実例とともに解説しています。

マクロレンズを使うと小さなものが大きく撮れる

まず、「マクロレンズ」と「標準ズームレンズ」の写りの違いを見てみましょう。

標準ズームレンズは、キットレンズにも採用されているのでお持ちの方も多いと思います。

参考 キットレンズって何?初心者さんのためのデジタル一眼まめちしき

まずは標準ズームレンズで水滴をとってみましょう。

標準ズームレンズで撮影

ランタナと雨のしずくの写真
標準ズームレンズは近づける距離に限界があるため、水滴をクローズアップしたくてもこのあたりが限界です。

肝心の水滴もどこにあるのかわかりにくいですね。

次はポジションを変えてマクロレンズを使ってみましょう。

マクロレンズで撮影

一眼レフで撮影した水滴写真
先ほどとは少しポジションを変えて、水滴をクローズアップ撮影してみました。

肉眼でみるのとはずいぶんと違った光景になっているのが分かるかと思います。

このように、マクロレンズを使うと水滴をクローズアップして撮影することができます。

花びらに水滴をのせて撮影

次は、マクロレンズを使って室内で花びらに水滴をのせて撮影してみました。

花びらと水滴の写真
背景と花びらの色の組み合わせによって雰囲気がガラリと変わります。

いろいろ工夫して撮ってみるのも面白そうです。

コロンとした水滴の作り方

上の写真のようなコロンとした丸い水滴をつくるには、化粧品用のスポイトがあると便利です。

普通のスポイトよりも水の量が微調整できるので使いやすいですよ。

初心者さんにおすすめのマクロレンズ

はじめてマクロレンズを使う方には、コンパクトで軽い30~60mmくらいのレンズが扱いやすくておすすめです。

カメラメーカー純正のマクロレンズ一覧を作りましたので、レンズを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

Canon 一眼レフ用 マクロレンズ

一眼レフ用とミラーレス用のレンズがありますので、お持ちのカメラに合うものを選んでくださいね。

Canon ミラーレス一眼用 マクロレンズ

Nikon 一眼レフカメラ用 マクロレンズ

OLYMPUS・Panasonic(マイクロフォーサーズ用)マクロレンズ

SONY ミラーレス一眼(Eマウント用) マクロレンズ

PENTAX 一眼レフ(Kマウント用)マクロレンズ

FUJIFILM ミラーレス一眼用 マクロレンズ