2020年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

メモリーカードの耐久性

超便利!100円ショップのメモリーカードケース 画像

前回の記事では「いつもと違うメーカーのメモリーカードを買うときは」と題して、「カタログ値」の考え方についてお届けしました。

いつもと違うメーカーのメモリーカードを買うときは
家電量販店や通販サイトをみていると、ふだん使っているものよりも安価なメモリーカードを目にすることがあります。 パッケージや商品説明をみると、速度や性能は問題なさそう。商品によっては、ふだん使っているものよりも、性能が上回っているものも...

今回はメモリーカードの「耐久性」についての考え方です。

耐久性の考え方

商品の「耐久性」については、メモリーカードの限らず、実際に使ってみないとわからない点が多々あります。

が、それでもヒントになる情報や考え方がいくつかあります。

レビューのチェック方法

耐久性に関しては「実際に使い続けている人の声」は大きなヒントになります。

Amazonなどの通販サイトのレビューを見る際には次の点に注意します。

  • 購入直後の声が多い
  • 使用回数1~2回ぐらいの声が多い

そう、「商品が届く→1~2回使う→レビュー」といったものが大半なのですね。

つまり、基本的には使い始めの感想が多いということです。「耐久性を抜きにした感想」ともいえます。

が、レビューをみていくと、しばらく使ってからの感想を書いている人もいます。そう、耐久性の参考になるのはこうした声です。

レビューの注意点

ですが、気をつけたいのはレビューというものの性質です。

  • 「しばらく使った人」のレビューは少ない
  • 声が少ない=その声だけが実情なのかはわからない

という点です。

たとえば「しばらく使った人」のレビューが1件だけあったとします。そこに「半年で使えなくなりました」と書かれていたとします。

すると、つい「そういう商品なのかな?」と思ってしまいます。

が、気をつけたいのはこの点です。

レビューには次のような性質があります。

  • 購入した直後にレビューをした人が、使い続けてから再びレビューをする確率は低い

そう、購入直後にレビューをした人たちが使い続けた結果はわからないのですね。

半年たっても問題なく使えているのか、あるいは使えなくなっているのかはわかりません。

ここが重要な点です。レビューで見えるものだけがすべてではないということです。

たとえばこんな考え方

レビューで「半年で使えなくなった」という声が1件あったとします。

この声を信じるとすると、たとえば次のような考え方ができます。

  • この商品は、半年で使えなくなるのかもしれない
  • この商品には、当たりはずれがあるのかもしれない

そしてこの2点をもとにすると、「だから、この価格なのかもしれない」という考え方もできます。

すると、購入するとしたら

  • 半年使えればこの価格でもいいかな
  • はずれる可能性もあるけれど、この価格なら許せるかな

と思えた時……と仮定ができます。

あくまで「そのレビューを信じるのなら」というのが前提ですが、こうした検討の仕方もあるということですね。

レビューをしない人の中には、「もっと早く使えなくなった」あるいは「まったく問題なく、長期間使えている」という人がいる可能性もあります。この項目は、あくまでレビューに書かれていることから推測するというスタンスでの話です。

耐久性に関しては、推測・憶測に頼る部分が大半になりますが、こうした考え方をするだけでも、納得して購入しやすくなるかと思います。

次回は、メモリーカードのトラブルについてみていきます。