2020年に人気だったカメラアイテムを紹介中!

カゲを意識して撮ってみよう

写真は光とカゲで構成されています。どちらも重要な要素ですが、撮影する際によく意識されるのは「光」のほうでしょう。

たとえば、

  • 被写体に十分な光があたっているか
  • 光のあたり方や強さはどうか
  • みせたいところにヘンなカゲが入っていないか

などといった感じで、「光(または明るい部分)を基準」にして写真を撮ることが多くあります。シーンによっては、カゲが邪魔者のような扱いをされることもありますね。

が、最初に触れたように写真は光と影で構成されています。そう、光だけではなく、カゲも重要な要素なんですね。

というわけで今回は「カゲを意識して撮ってみよう」をテーマにお届けします。

カゲを意識する

さて、いきなり「カゲを意識して撮ってみよう」といわれても、どう撮ったらいいのかわかりにくいかと思います。

そこで次のように考えてみます。

  • 光を意識して撮るときと、逆の考え方をしてみる

つまり、「光を基準に考える」のではなく、「カゲを基準に考える」わけですね。

……こういうと、なんだかむずかしそうな感じがしますが、実はとってもかんたんです。

「光」を「カゲ」に置き換えて考えるだけです。

「光」を「カゲ」に置き換えて考える

では、実際に例を挙げて考えてみましょう。

冒頭では、光を意識する際の例として次のような項目を挙げました。

  • 被写体に十分ながあたっているか
  • のあたり方や強さはどうか
  • みせたいところにヘンなカゲが入っていないか

この文章の中にある「光」と「カゲ」を置き換えてみます(逆にします)。

すると、次のようになります。

  • 被写体に十分なカゲが入っているか
  • カゲの入り方や強さはどうか
  • みせたいところにヘンなが入っていないか

そうすると、あら不思議。

「カゲを基準にして撮る考え方」ができちゃいました。

いきなり「カゲを意識する」といわれると、むずかしそうなイメージがありますが、このように考えるとかんたんです。

「光はいいカゲを入れるためにあるもの」と考えてみる

カゲを意識して撮る際に、さらにかんたんな考え方もあります。

それは、「光はいいカゲを入れるためにあるもの」と考える方法です。

いかにかっこいい、あるいはドラマチックなカゲが入るかを考えながら、最適な被写体の位置や撮影位置を探していくわけですね。

被写体やシーンによって、カゲの度合いを考えてみるのも面白いものです。カゲが強く入っているほうが雰囲気が出る場面、やわらかなカゲのほうが味があるシーンなど、自分なりのベストを探してみましょう。

今回は「カゲを意識して撮ってみよう」をテーマにお届けしました。よかったら参考にしてみてください。